FC2ブログ
2007年03月31日 (土) | Edit |
黒い蠍ですが、モノクロ映画なので、当然、蠍は黒いです。
英語の題も、ブラック・スコーピオンなので間違ってはいませんが・・・。

舞台はメキシコです。
火山の近くで研究していたガイドと学者は、街に行く途中、異様な状態の家を見つけます。
自動車はつぶれ、警官は死んで、家の中には赤ちゃんだけが生存していました。
無事街に着き、神父に赤ちゃんを預け、2人は研究に戻ります。
途中、牧場主のグラマーな娘と出会い、2人は牧場に滞在します。その時、牧場に大きな蠍が襲いかかってきます。
街にも大きな蠍が出現し、住民はパニックになります。
火山に蠍の巣があることを発見したメキシコ政府は、学者に調査を依頼。学者らは調査のため火口を降りていきます。
そこで、学者らは、とんでもないものを目にします。

監督、エドワード・ルドウィグ
製作、フランク・メルフォード、ジャック・ディーツ
脚本、デイヴィッド・ダンカン、ロバート・ブリーズ
撮影、ライオネル・リンドン
特撮、ウィリス・H・オブライエン、ピート・ピーターソン
出演、リチャード・デニング、マラ・コーディ、カルロス・リバス、マリオ・ナバロ

同じ特撮シーンを何度も使いまわししてるけど、見たいものが見ることの出来る楽しい映画です。見たいものとは、もちろんモデル・アニメーションですウィリス・H・オブライエンモデル・アニメーションの父と呼ばれる人で初代「キング・コング」の動きを担当した人です。
蠍や火山の火口の地下にいる尺取虫みたいな生物やクモのような生物の動きが見事です。そして、カワイイです。
ラストの大蠍との戦いで、高圧電流に痺れたオッサンの死に様には思わず激しく笑ってしまいました


スポンサーサイト



テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月30日 (金) | Edit |
いきなり、海岸でカップルの女の喉笛を鋭利なカミソリでかき切り、男の方は絞殺するというシークエンスから始まる陰鬱(ゴキゲン)な映画
たくましく中年太りの大男の殺人鬼の話で、男は母親との間にトラウマを抱えたマザコンです。
次に、男は、売春婦をたくましく太い腕で絞殺し、カミソリで頭皮をはぎ取ります。もちろん、サービスたっぷりにその様子を見せつけてくれます。その頭皮を家に持ち帰りマネキンに釘で打ちつけ、偏愛する男。
次の犠牲者は、カーセックス中の男女。←定番(笑)
男の方の殺され方が、目に焼きつきます。なんと、ショットガンで頭をふっ飛ばすのです。頭が爆発したように脳と血しぶきが飛び散ります。それも、スローモーション(笑)でたっぷり見せてくれます
次は、看護婦。巨大なナイフで背中から串刺しになり腹からナイフがこんにちは。
次は、モデル。ベッドにくくりつけられて、飛び出しナイフで腹をズブリ
増えていく頭皮付きのマネキン・・・。
ラスト近くの男の悪夢のシーンは、まさにスプラッターです。それ以前もまさにスプラッターですけど・・・。
救いの無い物語を、ご堪能してください。

http://jp.youtube.com/watch?v=NcZew9lFAgY

製作、アンドリュー・ガローニ
製作、監督、ウィリアム・ラスティグ
脚本、C・A・ローゼンバーグ、ジョー・スピネル
撮影、ロバート・リンゼイ
特殊メイク、トム・サヴィーニ
音楽、ジェイ・チャタウェイ
出演、ジョー・スピネル、キャロライン・マンロー、ゲイル・ローレンス、ケリー・パイパー、トム・サヴィーニ

特殊メイクのトム・サヴィーニがいい仕事してます。
ジョー・スピネルの演技がリアルです。
ジョー・スピネルは、ゴッド・ファーザーやロッキーやトゥインクル・トゥインクル・キラー・カーンにも出演しています。
特典に、ジョー・スピネルのドキュメンタリーがありますが、見ると切なくなってしまいました。
ウィリアム・ラスティグは、ラリー・コーエンと組んだマニアックコップシリーズで有名です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月29日 (木) | Edit |
お互い顔も性格も知らないまま結婚したカップル。
男の方は、南米の大規模農場の主で現地人を従えています。
もちろん、お金持ちです。執事召使いもいます。家も大きなお屋敷です。
女と男は現地で始めて顔を合わせますが、男は女に辛く当たってばかりです。文化や文明が通じない厳しい所だと、分からせるためにやってるかと思っていましたが、なんと男は・・・童貞だったのです!いい歳をした童貞で、単に女の扱いを知らなかったのです。
女の方はバツイチですが、童貞男は、童貞ゆえの狭量さで、バツイチに異常なこだわりをみせます。
「男をしってるんだろ!」と問いかける童貞の痛さ・・・
そんなこんなで(笑)、ある日、マラブンタが大量に大移動しているという情報がはいります。
ジャングルの奥地に真偽を調べに出かけると、情報通りマラブンタの大群が!
マラブンタとは、兵隊アリのことです。
農場を守るため、男と女は、アリの大群に立ち向かいます。
黒い絨毯とは、アリの大群の事なのです。

製作、ジョージ・パル
監督、バイロン・ハスキン
脚本、フィリップ・ヨーダン、ラナルド・マクドーガル
撮影、アーネスト・ラズロ
音楽、ダニエル・アムフィサートロフ
出演、チャールトン・ヘストン、エレノア・パーカー、エイブラハム・ソファー、ウィリアム・コンラッド、ロモ・ヴィンセント

チャールトン・ヘストンは「ベン・ハー」でアカデミー主演男優賞を受賞しています。
脚本のフィリップ・ヨーダンは、フロントと呼ばれる名義貸しをしていた人で、本当の脚本はベン・マドウという人だといわれています。

襲い来るアリの大群が、気持ち悪く恐いですよ。
ところで、映画の中にでてくる現地人が持っていた、干し首が欲しいです


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月28日 (水) | Edit |
残酷で悪趣味でバカバカしくてくだらないけれど、ファンには、たまらないご馳走映画。←食人だけに・・・

メニューは、目玉くりぬき、生頭皮はぎとり、内臓はみだし、声帯切り取り、血糊大盛り、ストーリーでたらめ、腐乱ゾンビと食人族の豪華競演です。。←あえて共演にしていません

スプラッターファンの見たいものがこの映画には詰め込まれています・・・例えるなら、内臓の幕の内弁当映画です。

監督、マリノ・ジロラーミ
製作・脚本、ファブリッツィオ・デ・アンジェリス
製作、ジャンフランコ・クユームジャン
脚本、ロマーノ・スカンダリアート
音楽、ニコ・フィデンコ
特殊効果、マウルツィオ・トラーニ、ロザリオ・プレストピーノ
撮影、ファウスト・ズッコーリ
出演、イアン・マッカロック、アレクサンドラ・デリ・コリ、ドナルド・オブライエン、シェリー・ブキャナン、ピーター・オニール

病院のセットはサンゲリアの流用で、主演のイアン・マッカロックサンゲリアに出ていました。
低予算だけど、最大限儲けようとする製作陣の魂が伝わってきますね。
音楽もしょぼくて味があって、個人的には好きです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月26日 (月) | Edit |
男達の夢と欲望、そして、その破綻を描いた映画です。
古典的な主題だけど楽しめます。

メキシコで、物貰いをしてその日暮らしをしている中年男と無職の若い男とホラ吹きっぽい老人が出会います。
老人は元砂金堀で、物貰いと無職は話を聞き、一獲千金を夢見ます。しかし3人には、もちろん砂金を掘りに行くような資金はありません。夢のままに終わるかと思われた砂金堀りですが、中年男が以前買っていた宝くじが運よく大当たりしていた事で、砂金掘りの旅へ出かけれる事に。
そして3人は目論見通り大量の砂金の眠る山を発見。
大喜びの3人は仲良く協力して砂金を掘ります。
しかし、掘り出した砂金が増えてくると、3人の間に疑心暗鬼が広がっていきます。

予告編動画リンク

製作、ヘンリー・ブランケ
監督、脚本、ジョン・ヒューストン
撮影、テッド・マッコード
音楽、マックス・スタイナー
出演、ハンフリー・ボガートウォルター・ヒューストン、ティム・ホルト、ブルース・ベネット、バートン・マクレーン

この作品は、アカデミー監督賞、脚本賞(脚色)、助演男優賞を受賞しています。助演男優賞を受賞したウォルター・ヒューストンは、監督の実の父です。

最初は欲得を越えた仲間だったはずが、欲が膨らむうちに変質してしまう人間の愚かさや卑小さ恐さが描かれた作品です。
人間の醜い部分を描いた作品ですが、それを吹き飛ばす(まさに)爽快で痛快なラストは必見です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月25日 (日) | Edit |
アメリカンニューシネマの傑作「断絶」が発売されるので、ウォーレン・オーツつながりということで、ブルーサンダーです。
この映画は、直後に他界したウォーレン・オーツに捧げられています。

この映画、ヘリコプター好きにはたまらないと思われます。

主人公は、ベトナム戦争の帰還兵で、今は警察のヘリコプター班で操縦士をしています。パトロールがてら、ヘリコプターからノゾキなどを若い相棒と楽しんでいたのですが、それが、ばれて地上勤務になります。でも、なぜか、高性能軍用ヘリのブルーサンダーのパイロットに若い相棒ともども抜擢されます
テスト飛行をするのですが、2人はここでもノゾキや盗聴をして楽しみます。しかし、その盗聴で、高性能軍用ヘリにまつわる陰謀を知ってしまうのです。そこでテープにその陰謀の内容を盗撮盗聴します。しかし、ここでも盗聴は速攻でばれてしまい軍部の陰謀組織から追われる羽目になってしまいます。
遂には、組織から、若い相棒を殺された主人公は、テープをTV局に届けるため、高性能ヘリのブルーサンダーを盗んで乗り込みます。

監督、ジョン・バダム
脚本、ダン・オバノン、ドン・ジャコビー
撮影、ジョン・A・アロンゾ
音楽、ジョン・B・ルービンスタイン
出演、ロイ・シャイダーウォーレン・オーツ、キャンディ・クラーク、マルコム・マクダウェル、ダニエル・スターン

派手な爆発迫力のある空中戦があり、退屈しない作りとなっています。

軍用ヘリに民間人が乗れるわけないだろ!
軍事機密のヘリなのに警備甘いよ!
爆発の後、チキンは降ってこないだろ!
街中でミサイル発射はしないだろ!
などのたくさん見つかる突っ込み所は無視して観ましょうね

職人監督ジョン・バダムの手堅い演出と空撮が見事です。
脚本のダン・オバノンはエイリアンの脚本やバタリアンの監督をつとめています。
ジョーズでおなじみのロイ・シャイダーや時計じかけのオレンジの主演だったマルコム・マクダウェル。そして、我らがウォーレン・オーツ。キャストもいう事無しの娯楽作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月24日 (土) | Edit |
喪失感が心にずっしりとくるアメリカンニューシネマです

内容は、主人公のチビの白バイ警官は、いつか偉くなり制服組からスーツを着た刑事になりたいと思っています。
真面目に違反車から切符を切る毎日。
出世の糸口すらない日常。
親友の男は、とっくにやる気を失っています。
しかし、チビの警官はあきらめていませんし、出世できると自分を信じています。
そんな時、殺人事件らしきものが起こります。
駆けつけたチビの警官は、検死官の自殺という意見に反対しますが、交通課の警官の意見なぞ聞く耳を持ってくれません。
殺人事件だと執拗に主張するチビの男の意見に、耳を傾けてくれたのが、スーツにテンガロンハットをかぶった刑事でした。
その刑事の姿は、チビの警官のかねてからの憧れでした。
チビの警官は、その刑事の助手に抜擢されます。
念願に一歩近づいたチビの警官。
しかし、チビの警官の前には厳しい現実が立ちはだかっています。

監督、製作、音楽、ジェームズ・W・ガルシオ
脚本、ロバート・ボリス
撮影、コンラッド・L・ホール
出演、ロバート・ブレイク、ビリー・グリーン・ブッシュ、ミッチェル・ライアン、ジャニーヌ・ライリー、イライシャ・クック

大きなバイクにチビの警官という姿がユーモラスです。
刑事、親友、犯人、主人公・・・人間臭くて、哀しくて、とてもいいです。
モニュメント・バレーの風景もいいです。
音楽も悪くないですよ。

なんといってもロバート・ブレイクです。
冷血や破壊!やマルホランド・ドライブにでてます。2002年に妻殺しで逮捕されちゃいました。証拠不十分で無罪になりましたけど・・・。
コンラッド・L・ホールアカデミー撮影賞を3度受賞している名カメラマンです。

苦いストーリーをよく噛みしめて観てください


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月22日 (木) | Edit |
こんなのアリ!!っていうのが最初の感想でした。
なので、ストーリーをあまり語らない方がいいと思います。
簡単に内容を・・・。

「神の手」と呼ばれる謎の連続殺人犯を捜査しているFBI捜査官のもとに、その殺人犯の兄であるという男が尋ねてきます。
そして、その男は、殺人犯の弟が自殺したというのです。
信じられない捜査官は、その男と一緒に2人で、その弟が埋葬されているという墓地へと車でむかいます。
その車中で、殺人犯の兄であるという男から、過去の少年時代にまつわる、親子兄弟の忌々しく狂気な思い出を聞くことになります。
その過去は、悲惨で恐ろしく信じがたいもので・・・。

まだまだ、物語は続きますがこのぐらいにします。

監督、ビル・パクストン
脚本、ブレント・ハンリー
撮影、ビル・バトラー
音楽、ブライアン・タイラー
出演、ビル・パクストン、マシュー・マコノヒー、パワーズ・ブース、マット・オレアリー、ルーク・アスキュー

なんというか・・・恐いです。
特にお父さんが恐いです
電波系なのか正気なのかわからない・・・

ビル・パクストンは俳優です。ジェームズ・キャメロン監督作によくでています。俳優が監督する映画って割といいものが多いような気がします。←日本以外(笑)

驚愕のラストに脱力(?)してください


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月21日 (水) | Edit |
僕は、この映画大好きです
フィギュアが、とってもカワイイです
動きもいいし、キャラクターもいいです

内容は、主人公の少年のおもちゃ屋で、軍事用の高性能チップを埋め込まれたフィギュア達が暴走し戦争をおっぱじめます。
ソルジャー型のフィギュアとモンスター型のフィギュアが戦うのですが、モンスター型の方は必ず負けるようにプログラミングされています。
モンスター型のフィギュアは平和主義で一方的にやられて、逃げ回るばかりです。
少年とモンスター型のフィギュア達は、友情を育みお互いに信頼し合う様になります。そして、協力してソルジャー型のフィギュアと戦うことになります。果たして勝てるのでしょうか?

監督、ジョー・ダンテ
音楽、ジェリー・ゴールドスミス
出演、グレゴリー・スミス、キルスティン・ダンスト、デニス・リアリー、ジェイ・モア
声の出演、トミー・リー・ジョーンズフランク・ランジェラアーネスト・ボーグナインジョージ・ケネディブルース・ダーンクリスティーナ・リッチサラ・ミシェル・ゲラー

色んな映画のパロディや豪華すぎる声優陣。スタン・ウィンストンが担当したフィギュアのデザインなど見どころたっぷりです。
いつものジョー・ダンテ流の映画で、とっても楽しいです素直におすすめです


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月21日 (水) | Edit |
伝染病が発生した為に、隔離されることになる人々の、密室的な恐怖を描いた映画です。

内容は、冷徹なギリシャの将軍とアメリカの従軍記者が、ひょんなことから一緒に墓参りに行く事になります。
その墓は、将軍の妻の墓です。
その墓は島にありますが、墓が荒らされていたために、事情を聞くため、近くの考古学者の家に行く事になります。
そこで、一泊する事になるのですが、運悪く伝染病が発生しその家の全員が隔離されることになります。
そのなかの迷信深い老女が、その伝染病を若い女性のせいにします。若い女性にボボラカという悪霊がついているというのです。
最初は相手にされなかった老女の言葉ですが、日増しに真実味を帯びてゆくことになり、将軍も少しずつ疑うようになっていきます。
人が死ぬのは伝染病のせいではなく、ボボラカに殺されているせいだと・・・。

製作、ヴァル・リュートン
監督、マーク・ロブソン
撮影、ジャック・マッケンジー
音楽、リー・ハーライン
出演、ボリス・カーロフ、エレン・ドリュー、マーク・クレイマー

吸血鬼モノというより、サイコホラー
伝染病とボボラカ伝説をからめ、不安を煽る展開で、密室の息苦しさとあいまって、独特の味をだしています。
生きたまま棺桶に閉じ込められることになる女が、棺桶の内側をギギと爪でかく音の、生理的な嫌悪感と恐怖は、もう、たまりません!
辻褄の合わない所もありますが、1940年代にこういうホラーがあったことに驚きます

フランケンシュタインの怪物役を演じていたボリス・カーロフが出てるのは素直に嬉しいです
昔のRKOラジオピクチャーズの映画が、もっと掘り出されることを期待したいですね。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月19日 (月) | Edit |
アカデミー賞4部門受賞している社会派の映画です。

内容は、ワシントンポストの若手編集者が、ウォーターゲート事件の真相を、ディープスロートという内部の密告者の示唆を受けつつ暴いていくというものです。

正直・・・ものすごく地味です。
それはもう笑ってしまうほど地味です。
リアルに描いているからでしょうか?
それとも、僕が派手な映画に毒されて目が曇っているいるせいでしょうか?
おそらく、その両方でしょう。

監督、アラン・J・パクラ
原作、カール・バーンスタイン、ボブ・ウッドワード
音楽、デイビッド・シャイア
出演、ロバート・レッドフォードダスティン・ホフマンジェイソン・ロバーズ、ジェーン・アレキサンダー、ジャック・ウォーデン

この映画で、ジェイソン・ロバーズは、助演男優賞をとりました。

個人的に、地味でアンチヒーローな作りは好感が持てます。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月18日 (日) | Edit |
どこまでも不器用な男の映画。
1つの生き方しか知らないし興味も無い。
闘鶏に生活と人生と己の誇りとお金を賭ける男の物語。

ある時、闘鶏の試合に負けたことで、男は喋ることをやめてしまう。プライドと面子をつぶされたのです。
男は、己の誇りを取り戻すまで、喋らないと誓います。
男は、全てを犠牲にしながら、最強の鶏作りに執念を燃やします。
男は、再起と復活と過去の女と誇りを取り戻すため、最後の大舞台へ勝負を賭けます。

製作、ロジャー・コーマン
監督、モンテ・ヘルマン
原作、脚本、チャールズ・ウィルフォード
撮影、ネスター・アルメンドロス
編集、ルイス・ティーグ
出演、ウォーレン・オーツハリー・ディーン・スタントン、リチャード・B・シュル、ミリー・パーキンス、ローリー・バード

女に手紙を書いて、復縁と闘鶏の試合を見に来てくれるように頼むのだけれど、女は闘鶏に対し嫌悪感を露にします
ラストで、闘鶏に勝利した男は、女に花束のかわりに、あるものを渡すのだけど、それが不器用さの極みで、それが、かえって感動を誘うのです。それで、復縁できるかは別ですが・・・。

ロジャー・コーマンはB級映画の帝王と呼ばれた人です。
モンテ・ヘルマンは、「断絶」という傑作を撮った監督であります。また、タランティーノが敬愛していて、レザボア・ドッグスの製作総指揮を任されています。
撮影のアルメンドロスは、「天国の日々」という映画で素晴らしい映像美をみせてくれます。
編集のルイス・ティーグは、僕が個人的に好きな映画「アリゲーター」の監督です。
出演も、ウォーレン・オーツハリー・ディーン・スタントンと、いい味の個性派が揃っています。

これぞ、男の生きる姿だ!!という映画ですよ。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月17日 (土) | Edit |
何が起こっているか分からないけど、とにかく大変なことが起こっています。

ある隔離された施設の小人が反乱を起こします。
そして小人達は施設を掌握し、乱痴気騒ぎをします。
いじめ、破壊、動物虐待、暴動。
ベッドに登れない小人カップル、盲目の小人をいじめる小人達、体に見合わないバイクで疾走する小人、自動車を破壊する小人達、サルを十字架に磔にして行進する小人達・・・。

騒ぎの中、小人達の「やれ!やれ!」という掛け声がいつまでも耳に残ります。

監督、脚本、ヴェルナー・ヘルツォーク
撮影、トーマス・マウホ
音楽、フローリアン・フリッケ
出演、ヘルムート・デーリング、ゲルト・ギッケル、パウル・グラウアー、ギーゼラ・ヘルトヴィヒ、エルナ・グシェヴェントナー

オールキャストが小人です。
かん高い声の歌も印象的です。

監督のヘルツォークは「フィッツカラルド」という映画でカンヌで監督賞をとってます。

「やれ!やれ!」
ひょっとしたら、僕達も叫んでいるかも・・・。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月15日 (木) | Edit |
僕が語るのは恐れ多いです。
誰でも知ってる名作です。
なので、少しだけ感想を・・・。

改めて見直すと、けっこうエグイです。
鳥が、人をついばむシーンは今でもショッキングです。

鳥が、母親の嫉妬や不安を象徴的に表しているという説には、うなずけます。ヒッチコック自身マザコンだったと言われていますし・・・。あと、劇中のラブバードは、かすかな希望の象徴らしいです。映画の中で、唯一、人間に危害を加えない鳥ですからね。
まあ、そういうのを抜きにしても、本当に不気味で恐い映画です。

ジョーズと鳥は動物パニック映画の最高峰です。テクノロジーの発達した現在でも、この映画以下の映画なんて山ほどあります。その意味では、凄いですよね。

監督、アルフレッド・ヒッチコック
原作、ダフネ・デュ・モーリア
脚本、エヴァン・ハンター
音楽、バーナード・ハーマン
出演、ロッド・テイラー、ティッピ・ヘドレン、ジェシカ・タンディ、スザンヌ・プレシェット、ベロニカ・カートライト

脚本のエヴァン・ハンターは、エド・マクベインの変名です。
レイ・バーウイックに調教された鳥が見事です。
ちなみに、映画の最初のほうで、ヒッチコックがペットショップから犬を連れて出てきます。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月14日 (水) | Edit |
テレパシーでお互いに話ができる、犬と少年のサバイバル映画。
なんとも風変わりで・・・。
低予算で味があります。

核で滅んだ人心も土地も荒れた世界。
少年?と犬が飢えと闘っています。少年?は女にも飢えています
犬は、知恵のある相棒兼少年?のお守りといったところ。
ある日、犬と少年?は待望の女を見つけます。
性欲MAXの少年?は、女を追いかけます。犬は少年?を制止しますが、溜まりに溜まった少年?の聞く耳があろうはずがありません。
他の男達に女が襲われているところを、2人が見事助けますが、犬はケガをしてしまいます。
安心したのもつかの間、女に地下のシェルターに逃げられます。
地下のシェルターに逃げ込んだ女を少年は追いかけます。
そこで少年?は、地下の世界が独自の社会を作っているのを知ります。
その地下は、お約束のように管理社会
実は少年は、有り余る性欲を見込まれて、だまされて地下に誘導されたのでした。
どうなる少年?どうする少年!!

監督、脚本、L・Q・ジョーンズ
原作、ハーラン・エリスン
出演、ドン・ジョンソン、スザンヌ・ベントン、ジェイソン・ロバーズ、アルヴィ・ムーア、ティム・マッキンタイア

怪力農夫!!精液吸い取りマシーン!!衝撃のラスト!!など、見所たっぷり?です。
犬と少年?の友情に、心を打たれてください。

監督のL・Q・ジョーンズはサム・ペキンパー監督の映画の常連です。
少年?役のドン・ジョンソンは、後に「マイアミ・バイス」で有名になります。
地下社会の指導者役のジェイソン・ロバーズはアカデミー助演男優賞を2年連続受賞した名優です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月13日 (火) | Edit |
イタリア映画です。
マフィアものです。
ワクワクしますね(笑)。

ストーリーは、麻薬取引の為のお金を運んでる最中に、そのお金が何者かにすり替えられてしまいます。
ブチ切れた顔の濃いマフィアが、運び屋達を拷問したうえに、誰も何も吐かないとなると、まとめて全員ダイナマイトで爆殺!!運び屋の内の1人の男は、警察につかまっていたので難を逃れます。
その後、男が出所してきます。ハゲた無口な男です。
待ち構えていたマフィアは、当然その男がすり替えたとおもっているので、監視しつつ、金のありかを探ります。かたや警察もハゲ男が金を盗んだとおもっています。
ハゲた無口な男は、本当にお金をすり替えたのか?
警察とマフィアとハゲ男の頭脳戦?が始まります。
ハゲ男は、昔の自分の女(お水)自分の親友(線が細いのに激強)を巻き込みながら、自分への嫌疑を晴らそうと努力?します。
そしてマフィアが、ハゲ男にもう一度麻薬取引のお金を運ばせることにします。しかし、そのお金も消えて・・・。

監督、脚本、フェルナンド・ディ・レオ
出演、ガストーネ・モスキン、バーバラ・ブーシェ、マリオ・アドルフ、フィリップ・ルロワ、ライオネル・スタンダー

濃くてかっこいいです。雰囲気といい音楽といい70年代な感じが最高です。カメラワークもかっこいいです。出てる役者も濃い男ばかりです。出てる役者-男=男といった感じの、男が余った人ばかり(笑)。
ストーリー自体たいした事無いです。だけど、ハッタリ感が凄くて、思わせぶりだけど何も無い感じとか、犯人が服装でなんとなくわかったりするのが、また良いです。
2つの現金を奪った犯人が別なのが面白いです。ありえないけど・・・。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月12日 (月) | Edit |
神様ありがとう、僕にこの映画を観させてくれて。

画質、音質、最低レベル。
緊張感のかけらもない陳腐な音楽。(微妙に場面とあってない)
バカバカしい効果音。
すべりっぱなしの寒いギャグ。(最初から最後まで)
中途半端な残酷シーン。
爆死?する主人公。
だけど・・・黒ずくめのバイク野郎達はかっこいいし、ラストの曲もかっこいい。サウナに入ったババアをチェーンで制裁するシーンは最高だ。
人を殺し、その肉をレストランで出し、殺した人間の家に葬儀屋が行く。レストランと葬儀屋の無駄の無いビジネスモデルに個人的に特許をあげたい。
こんな映画を作る人がいる。
こんな映画に出演する人がいる。
ゴミ映画だけど、ラストは楽しそうじゃないか・・・。

予告編動画リンク

監督、脚本、T・L・P・スワイス・グッド
出演、レイ・ダニス、ウォーレン・オット、ラッド・フルトン、マーティー・フリードマン

短いので、サラッと観れますよ。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月11日 (日) | Edit |
ストーンコールドといっても、プロレスラーのスティーブ・オースチンではありません。映画ですよ!
ハードアクション映画です。

内容は、ケンカ大型バイクストリップハードロックヒゲマッチョ銃撃戦爆発殺人、です。
頼んでないのに出て来た大盛りみたいな映画なので、食あたりにに注意してくださいね(笑)。
とにかく頭カラッポにして観てください。頭カラッポ映画ですから(いい意味で)。突っ込みどころも多いけど、理屈なんかクソ喰らえです!

予告編動画リンク

監督は、クレイグ・R・バクスレー
脚本は、ウォルター・ドニガー
出演は、ブライアン・ボズワースランス・ヘンリクセン、ウィリアム・フォーサイス、アラベラ・ホルツボグ、サム・マクマレー

ブライアン・ボズワースは元NFLの選手です。
気付くと色んな映画に顔をだしているランス・ヘンリクセンもでてますよー(笑)。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月10日 (土) | Edit |
レオンを観て感動しなかったのは、この映画を観ていたからです
ストーリーの大枠が一緒で、こちらのほうが16年ほどレオンより早く作られています。

ストーリーは、組織を裏切った男の家族が、皆殺しになります。直前に、その家族の7歳の少年を預かっていた子供嫌いのグロリアが、時には厳しく時には力強く時にはやさしく少年の命を守っていきます。
生意気で憎たらしい少年を命がけで守る子供嫌いのオバサン
組織と戦い組織から逃げながら、少年と絆を深めていったグロリアは、最後の賭けに出ます。

ラストには本当の親子以上の関係になっていく様は観ていて感動ものです。最強のおばさん、グロリアはかっこよすぎます

監督、脚本、ジョン・カサベテス
撮影、フレッド・シュラー
音楽、ビル・コンティ
出演、ジーナ・ローランズ、ジョン・アダムズ、バック・ヘンリー、ジュリー・カーメン

当時のリアルなニューヨークの風景が効果的かつ印象的な作品です。
ベネチア国際映画祭の金獅子賞を受賞した傑作ハードボイルドです。
ちなみに、ジョン・カサベテスジーナ・ローランズは夫婦です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月09日 (金) | Edit |
ジェームズ・M・ケインの原作の三度目の映画化作。
この映画はストーリーよりもキャストで語られることの多い作品です。
それは、ジョン・ガーフィールドラナ・ターナーが、あまりにも印象的であるからです。もちろんゴシップも含めての話です。

ジョン・ガーフィールドは、グループシアターメソッドと言われる演技の手法を体得し、ニューヨークで舞台中心に活躍しますが、その後ワーナーと契約し、舞台から映画へと活躍の場を移します。
18歳の時にリウマチ熱にかかり心臓に病を抱えていたガーフィールドは、わが子の早すぎる死や、HUACに召喚されるなど当時吹き荒れた赤狩りの心労などで、39歳の若さで死んでしまいます
生い立ちもニューヨークの貧民街の貧しいユダヤ系出身で、大変な苦労人でもあります。その生い立ちが憂いを含んだ印象的な演技に現れていて、後のマーロン・ブランドやジェームズ・ディーンに先駆ける俳優と言われています。

ラナ・ターナーは、この映画でスターの地位を不動のものにしますが、歳とともに徐々に落ちぶれていきます。
しかし1958年に自分の14歳の子供が自分の情夫を包丁で刺し殺すという大変スキャンダラスな事件が起こったのをきっかけに、再び脚光を浴び復活を果たします。何度も結婚と離婚を繰り返した女優でもあります。

この映画は、ラナ・ターナーの妖しい魅力とジョン・ガーフィールドの繊細でいて男らしく憂いを含んだ演技に支えられています。
もちろん監督の演出も素晴らしいです。
ラナ・ターナーが最初に登場するシーンは、主人公同様映画を観る側も、言葉を失ってしまいます。
最初の看板や口紅やタバコ、衣装など、小道具にも凝った映画です。
男の回想形式で話が進むフィルム・ノワールの代表作の1本です。

監督は、テイ・ガーネット
原作は、ジェームズ・M・ケイン
出演は、ジョン・ガーフィールドラナ・ターナー、ヒューム・クローニン、セシル・キャラウェイ、レオン・エイムズ

内容は、旦那を殺して遺産や保険金を得ようとする、若く美しい女と浮気相手の男のメロドラマです。
誰もが知ってる名作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月06日 (火) | Edit |
流れ者が街にやってきます。
職も宿も金もないので、ホームレスのキャンプで暮らすようになります。
職はもちろん日雇い労働。
男は偶然近くの荒れ果てた教会で、怪しい人達の動きに気付きます。
次の日の夜、ホームレスのキャンプは警官隊に無茶苦茶に壊され、ホームレスも逮捕されたり殺されたり・・・。教会にいた怪しい人達も殺されるかいなくなってしまいます。
どうにか逃げることが出来た男は教会にあったサングラスを拾って自分のものにします。
すると、そのサングラスをかけると今まで見えなかったものが見えるようになりました。なんと街はグロテスクな宇宙人に支配されていたのです。
男は真実を知って、宇宙人を無差別殺戮。当然、何も知らない人間達はその男を電波扱いです。
男は、同僚の黒人日雇い労働者にサングラスをかけさせ、真実を共有しようとしますが、同僚の黒人は当たり前のように断固拒否。
2人で路上プロレスをして決着をつけ、黒人も無理やりサングラスをかけられます。そして、知りたくもない真実を知る事に・・・。
そうして、2人は仲間となり、体制に反旗を翻します。

予告編動画リンク

監督、音楽はジョン・カーペンター
出演は、ロディ・パイパー、キース・デヴィッド、メグ・フォスター、ピーター・ジェイソン

文句なしのB級傑作アクションSF!
ジョン・カーペンター節炸裂の逸品。
主演のロディ・パイパーはプロレスラーなので、生身のアクションが楽しいです。なので、路上プロレスがあります。
格差社会にこの一本です!!


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月05日 (月) | Edit |
4人の都会の男が、カヌーで激流くだりをするために、ダム建設で水没間近の山奥にやってきます。
軽い気持ちでやってきた4人は、山奥で予期せぬ、とんでもないことに巻き込まれてしまいます。楽しく激流くだりをしている4人に、文明とは隔絶された山男が襲いかかってきたのです。そして、4人の中の1人がさらわれ2人の小汚い山男に激しく犯されてしまいます。助けにいったもう一人も危ないかに思われたとき、4人の中では1番頼りになり山にも慣れている男が、1人の山男を殺し2人を助ける事に成功します。しかし、もう一人の山男には逃げられてしまいます。
殺した山男の死体を隠し、たくさんいるであろう山男の仲間達に見つからないようにカヌーで逃げる4人。
その後の4人に待ち受けてるものは・・・。

予告編動画リンク

製作・監督ジョン・ブアマン
原作・脚本ジェームズ・ディッキー
撮影ヴィルモス・ジグモンド
出演ジョン・ヴォイト、バート・レイノルズ、ネッド・ビューティー、ロニー・コックス、エド・ラアミー

姿の見えず得体の知れない敵が不気味で、とってもスリルのある映画です。実は勘違いじゃないかという疑問や、山男を殺したという良心の呵責がちゃんと描かれています。
後味の悪いラストも素晴らしい、心にずっしりくる映画です。

監督のジョン・ブアマンの映画は風変わりなものが多いです。
撮影のヴィルモス・ジグモンドは「未知との遭遇」でアカデミー撮影賞を受賞しています。
ちなみに、ジョン・ヴォイトの娘はアンジェリーナ・ジョリーです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月04日 (日) | Edit |
文句なしの芸術作品です。
画面は動く絵画のようでいて、全てにおいて美しい作品です。
その美しさに対比されるように、人間の愚かしさや嫌らしさ醜さなどが描かれている少し意地悪な映画です。でも、そこが監督のスタンリー・キューブリックらしいところでもあります。
ラストの「善人も悪人も、美しい者も醜いものも、富める者も貧しき者も、今は同じ、全てはあの世」という字幕が胸に突き刺さります。
3時間ある映画なので、覚悟して観てください(笑)。

予告編動画リンク

製作・監督・脚本は、スタンリー・キューブリック
原作はウィリアム・メイクピース・サッカレー
撮影は、ジョン・オルコット
音楽は、レナード・ローゼンマン
出演は、ライアン・オニール、マリサ・ベレンソン、ハーディ・クリューガー、パトリック・マギー

撮影のジョン・オルコットはキューブリック作品の2001年宇宙の旅からシャイニングまで参加しています。この作品でアカデミー撮影賞を受賞しました。
ちなみに、マリサ・ベレンソンは本当に貴族出身らしいです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月02日 (金) | Edit |
僕は、この映画大好きです。
ラストシーンを何度も何度も観たものです。
不思議な風変わりなロードムービーで、アメリカンニューシネマの中でも評価の高い作品です。

簡単なストーリーは、コワルスキーという男が、コロラド州のデンバーからカリフォルニア州サンフランシスコまでチャレンジャーという車を乗りながら猛スピードで運ぶというものです。

単純なストーリーですが、一筋縄でいかない難解さをもっています。
黒人で盲目のDJスーパーソウルや警察や人種差別主義者や砂漠にいる老人や全裸でバイクに乗ったネーチャンやそのネーチャンと一緒にいるエンジェルという男、さまざまな関わりを持ちながらラストへとノンストップで疾走するコワルスキーとチャレンジャー・・・。
男は一睡もせず覚せい剤を常用しながら一直線にある場所にむかいアクセルを踏み込む。
そして・・・ラスト・・・。
最後にみせるコワルスキーの笑みは何なのだろうか?

ちなみにバニシング・ポイントの意味は消失点という意味です。

予告編動画リンク

監督は、リチャード・C・サラフィアン
出演は、バリー・ニューマン、クリーボン・リトル、ディーン・ジャガー、ビクトリア・メドリン

一度観ただけでは良く解らないので何度も観て下さい。
何度も観る価値のある映画ですよ。
バックに流れる音楽もいい曲ばかりです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年03月01日 (木) | Edit |
3月になりました・・・という事でサンゲリア
ゾンビ好きなら1度は観る映画です。
個人的には一番好きなゾンビ映画です。
なぜならば、ゾンビが腐っているからです。
死体は腐っているものです虫も沸いているものです
そして、それをサービスたっぷりに魅せてくれます。
その他にも、目玉突き刺しや内臓喰いやゾンビに喰いちぎられる肉片。
残酷描写に徹したエンターテイメントを眼前で繰り広げられる様は、一種のお祭りのようです
泳ぐゾンビ燃えるゾンビ頭を吹き飛ばされるゾンビも観ることが出来ますよ。

予告編動画リンク

監督は、ルチオ・フルチ
音楽は、ファビオ・フリッツィとジョルジョ・トゥッチ
出演は、イアン・マッカロックティサ・ファロー、リチャード・ジョンソン、オルガ・カルラトス、アウレッタ・ゲイ
特殊メイクは、ジャネット・デ・ロッシ

監督のルチオ・フルチは僕にとっては神です。
あと、音楽が安っぽくていい感じです。サンゲリアにふさわしい名曲です。
ティサ・ファローはミア・ファローの妹です。姉妹であまりにも違うフィルモグラフィーには涙がでそうになります。
特殊メイクのジャネット・デ・ロッシがいい仕事してます。

これを観て、「もう、やめて~。」という感覚を味わってくださいね。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画