FC2ブログ
2007年09月29日 (土) | Edit |
1984年アメリカ映画。
子供達が大人達を襲う、スティーヴン・キング原作のホラー

ネブラスカ州のガトリン。そこは、一面のトウモロコシ畑が広がっています
ある日子供達が大人達を襲撃。子供達は大人達を皆殺しにします
子供達は「道の裏を歩まれる御方」という神を盲目的に信仰しており、「道の裏を歩まれる御方」の代弁者アイザックをリーダーとして独自の狂信的なコミュニティを作っています。サブリーダーはマラカイ。マラカイは、先鋭的で過激な男です。
ある日、若いカップル(バートとビッキー)が車で偶然ガトリンを訪れます。カップルは、よそ見をしていて、とうもろこし畑の広がる道で、少年を轢いてしまいます。バートが死体を調べると、少年はカップルが車で轢く前に、首を掻ききられて死んでいたようでした。
バートとビッキーは、ガトリンの町で警察に電話をかけようとしますが、町は狂信的な子供達のテリトリーでした。
子供達は、「道の裏を歩まれる御方」に生贄を捧げるため、バートとビッキーに襲い掛かってきます。

製作総指揮、アール・グリック、チャールズ・J・ウェーバー
製作、ドナルド・P・ポーチャーズ、テレンス・カービー
監督、フリッツ・カーシュ
原作、スティーヴン・キング
脚本、ジョージ・ゴールドスミス
撮影、ラウール・ローマス
音楽、ジョナサン・イライアス
特殊効果、マックス・W・アンダーソン
出演、リンダ・ハミルトン、ピーター・ホートン、ロビー・キイガー、R・G・アームストロング、ジョン・フランクリン、コートニー・ゲインズ

「ターミネーター」で有名になったリンダ・ハミルトンが初々しい(妙なダンスあり)です。
ペキンパーの映画でお馴染みのR・G・アームストロングが、ガソリンスタンドの爺さん役で出演しています。

肉切り包丁や鎌、ナイフなどの刃物で襲い掛かってくる狂信的な子供達が不気味です。
町の子供達で唯一、妙な信仰をしていない幼い兄妹がカワイイです。逆に、アイザックやマラカイ役の子供の面構えは、独特の味(変な顔)があります。
同一の宗教的価値観を背景に余所者を排除し敵視する・・・現実にもよくある事ですよね。

スポンサーサイト



テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月26日 (水) | Edit |
1973年製作アメリカ映画。
サム・ペキンパー監督の傑作ウエスタンです。

伝説の無法者ビリー・ザ・キッドとビリー・ザ・キッドを射殺した保安官パット・ギャレットの物語です。
安定した生活の為、無法者稼業から足を洗い、保安官になったパット・ギャレット。土地の有力者達から、フォート・サムナーにいるビリー・ザ・キッドを捕らえるように依頼されています。
パットは、かつての無法者仲間で親友のビリーに、メキシコに逃げるように警告しますが、ビリーは聞き入れません。仕方なくパットは、大勢の手勢を連れ、ビリーのねぐらを包囲。ビリーを捕まえます
しかしビリーは、パットの留守中に保安官助手の2人を射殺し、脱獄してしまいます
知事と土地の有力者達は、パットを呼び出し、ビリーの射殺命令を出します。
パットは、しょうがなく、ビリーの後を追います・・・。

製作、ゴードン・キャロル
監督、サム・ペキンパー
脚本、ルディ・ワーリッツァー
撮影、ジョン・コキロン
音楽、ボブ・ディラン
出演、ジェームズ・コバーンクリス・クリストファーソンボブ・ディランジェイソン・ロバーズジャック・イーラムリチャード・ジャッケルスリム・ピケンズ

男達の物語を一貫して描き続けたサム・ペキンパー監督の他の作品には、「昼下がりの決斗」「ワイルドバンチ」「ケーブル・ホーグのバラード」などがあります。
ボブ・ディランの音楽が効果的に使われていて、スリム・ピケンズ演じる保安官の死ぬシーンでの「天国の扉」は、シーンの美しさと見事な演技があいまって、抜群の効果を上げています。
ジェームズ・コバーンは、「ダンディー少佐」「戦争のはらわた」でも、サム・ペキンパー監督と組んでいます。クリス・クリストファーソンは、同じくペキンパー作品の「コンボイ」で主演しています。
脇を固める役者も個性派揃いです。ジェイソン・ロバーズ、ジャック・イーラム、リチャード・ジャッケル、スリム・ピケンズ、ハリー・ディーン・スタントン、チル・ウィルスなどなど・・・。
ペキンパー作品でお馴染みの、L・Q・ジョーンズやR・G・アームストロング、エミリオ・フェルナンデスなども、この作品に出演しています。

時代についていけない(いかない)男達、自分を変えるより死を選ぶ男達。そんな男達の死に様や生き様を、高い芸術性、激しい暴力描写で描いています。
パット・ギャレットやビリー・ザ・キッドを美化してないので、数多くの殺しのシーンが人間臭く生々しいです(嫌悪感を抱かせるほど)。
取り返しのつかない喪失感と逃れる術のない閉塞感の漂う傑作です
堕ちた負け犬心に、しみる作品です。

テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月24日 (月) | Edit |
1987年製作のアメリカ映画。
コメディタッチの派手なホラーです。

風光明媚な海辺の行楽地サンタ・カーラ。そのにぎやかで平和な表の顔とは反対に、謎の行方不明者や殺人が頻発しています
そのサンタ・カーラにある祖父の家に、母子家庭の親子が引っ越してきます。やさしい母親とマッチョで真面目な兄マイケル(青年)オタクな弟サム(10代前半)です。祖父は、剥製作りのプロで、TVガイドを読めばTVはいらないというようなお茶目で変わった人です。
マイケルとサムは、サンタ・カーラの遊園地に遊びに行きます。
そこでマイケルは、スターという名前の美少女に一目惚れします。一方サムは、風変わりな漫画書店で、同い年位の店員のフロッグ兄弟と知り合い、ヴァンパイアに関する本を押し付けられます。フロッグ兄弟は、この町にヴァンパイアがいると言うのです。その本の裏にはフロッグ兄弟の電話番号が書いていました。
後日、マイケルはスターを見かけデートに誘いますが、不良グループに邪魔をされてしまいます。スターは、不良グループと行動を共にしているようです。マイケルは、スターと付き合うため不良グループのアジト(洞窟)に付いていきます。そこでマイケルは、不良グループのリーダーのデビッドから、謎の飲み物を勧められます。マイケルは、スターが止めるのも聞かずに、不良達に煽られるまま、その飲み物を飲んでしまいます
しかし、その夜以降、マイケルの体に変化が起こります。マイケルは、ヴァンパイアになってしまったのです。サムは兄を助けるため、フロッグ兄弟を電話で呼び出し、大元の親(おや)ヴァンパイア退治に乗り出します……

予告編動画リンク

製作総指揮、リチャード・ドナー
製作、ハーベイ・バーンハード
監督、ジョエル・シューマカー
脚本、ジャニス・フィッシャー、ジェームズ・ジェレミアス、ジェフリー・ボーム
撮影、マイケル・チャップマン
音楽、トーマス・ニューマン
出演、ジェイソン・パトリック、コリー・ハイムコリー・フェルドマンキーファー・サザーランドダイアン・ウィースト、エドワード・ハーマン

リチャード・ドナージョエル・シューマカーが組んでいるだけあって派手な映画になっています。
撮影のマイケル・チャップマンは、「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」などでも撮影を担当しています。
コリー・ハイムコリー・フェルドマンは、子役で共演作が多く、当時は日本でも人気がありました。今は、どこに?って感じですが・・・。
キーファー・サザーランド「24」のジャック・バウアー役で御馴染みですね。
ダイアン・ウィーストは、ウディ・アレン監督の作品で、2度アカデミー助演女優賞を受賞している名女優です。

思春期のティーンの感じが良く出ていて、懐かしく楽しい映画です。当時は、自分も同じような歳だったので、個人的には思い入れのある映画だったりします。
10代の頃、夜の闇は恐いと感じると共に魅惑的でもありました。この作品は、そんな事を思い出させてくれました。
サムが飼っている犬ナヌーク(アラスカン・マラミュート)が利口でカワイイです。ナヌークという名前は、ロバート・J・フラハティ監督の記録映画「極北のナヌーク」からとった名前なのかもしれませんね。
関係ないですけど、なぜアジトの洞窟にジム・モリソンのポスターが貼ってあったかというと、兄のマイケル役のジェイソン・パトリックがジムに似てたからという単純な理由だそうです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月19日 (水) | Edit |
1968年イタリア=フランス合作映画。
マカロニウエスタンの異色傑作です。

1898年のユタ州のスノーヒルという村(雪深い寒村)にサイレンスという男がやって来ます。
サイレンスは、自動拳銃のモーゼルC96を操る早撃ちの凄腕ガンマンです。サイレンスと言う名の由来は、彼の通った後には死の沈黙が訪れるという意味と彼自身が喋ることが出来ないという事があります。
サイレンスは、相手に先に銃を抜かせて正当防衛で敵を殺します。さらに、無駄な殺しはしない主義で、降参した相手には親指を銃弾で吹き飛ばして2度と銃を撃てなくし歯向かえなくする事で、命は助けます。サイレントは、旦那を殺されたポーリーン(美しい黒人女性)の依頼でスノーヒルにやって来ました。ポーリーンの旦那は、賞金稼ぎのロコ(凄腕で人間狩りを楽しんでいるかのよう)に殺されたのでした。依頼は、旦那を殺したロコを殺す事です
スノーヒルという村は、悪徳判事のポリカットと賞金稼ぎの荒くれ男達に牛耳られています。ポリカットは、村人をわざと飢えさせ、盗みを働くように仕向けています。そして、判事の権限で賞金をかけ、賞金稼ぎ達に殺させているのです。それを見かねた政府も新しい保安官を派遣します。
ポリカットはいち早く、村にやって来たサイレンスを見つけ、ロコに知らせます。
サイレンスはロコと勝負をしようとしますが・・・。

監督、脚本、セルジオ・コルブッチ
脚本、マリオ・アメンドーラ、ブルーノ・コルブッチ
撮影、シルヴァーノ・イッポリッティ
音楽、エンニオ・モリコーネ
出演、ジャン=ルイ・トランティニャンクラウス・キンスキー、フランク・ウォルフ、ルイジ・ピスティッリ、ヴォネッタ・マギー、マリオ・ブレガ

セルジオ・コルブッチ「ミネソタ無頼」「続荒野の用心棒」など、多数のマカロニウエスタンを監督しています。マカロニウエスタンと言えば、セルジオ・コルブッチというほどの監督です。
エンニオ・モリコーネのドラマチックな音楽が映画を一層盛り立てています。
ジャン=ルイ・トランティニャンはフランスのスターです。「暗殺の森」「バンカー・パレス・ホテル」などに主演しています。
クラウス・キンスキーは、強烈なキャラで知られる俳優です。ヴェルナー・ヘルツォーク監督作によく出演しています。
黒人ヒロインのヴォネッタ・マギーの美しさが印象的です。

吹き飛ばされる親指や焼かれて黒焦げになる手など、残酷描写が痛々しいのがマカロニ的でいいです。
全面が雪に覆われた村で展開される物語、子供の頃に喉を切り取られた為喋ることが出来なくなった主人公サイレンスの設定、黒人のヒロイン、驚愕のラスト!など、ウエスタンの既成概念を覆す衝撃作となっています。
とにかく、観ないと解らないので、是非観てください観ればわかります


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月17日 (月) | Edit |
1977年アメリカ映画。
低予算のサイコ少女ホラー映画です。

3人のギャング風な男達が、ホモの部屋(マンション)で待ち伏せをしています。
リーダー格の爪を切ってばかりの男、太っちょの男、ヒゲ面の若い男です。
部屋の主のホモが恋人連れで帰ってきたので、すかさず銃を突きつけます。そして、リーダーと太っちょが、部屋の主のホモを執拗に殴りつけ撲殺。恋人のホモは、恐怖のあまり窓から投身自殺してしまいます
3人の男は、車で逃走。
途中、リーダーと太っちょはスーパーに寄り、レジ打ちのデブなオバサンに、フルーツを投げつけたり、服を脱がせたり(見たくない)、頭にリンゴを乗せさせて銃で撃ったりと悪ふざけをして楽しみます
そうして、3人の男達は、ある田舎の民家にたどり着きます。
その民家には、神経麻痺の生きる屍のようなジジイ(車椅子から全く動けず感覚も無い様子)と無表情な若い女(10代後半)が住んでいました
男達は勝手に家に上がりこみ家を占拠。
しかし、その民家にたどり着いた事が3人のギャングの不幸の始まりでした。

製作総指揮、ハリー・H・ノヴァク
製作、J・G・パターソン
監督、脚本、フレデリック・R・フリーデル
音楽、ジョージ・ニューマン、ジョン・ウィルヘルム
出演、レスリー・リー、ジャック・キャノン、フレデリック・フリーデル、レイ・グリーン、フランク・ジョーンズ、キャロル・ミラー、ダグラス・パワーズ

無名の製作者に無名の俳優陣で、特記する事はありません。

非常に荒廃した雰囲気の作品です。
少女の無表情さと同じように映画全体が淡々としています。太っちょギャングの首をカミソリでゴリゴリ切って殺したあと、バスルームに運び斧で死体をバラバラにしたり、リーダーを斧で滅多切りにして殺したりを、無表情で淡々とこなす少女が不気味です。
ドキュメンタリータッチ(なんとなく)で、善も悪も盛り上がりもなく進んでいくので、ただ単に嫌なものを見せつけられただけという感じがします
色んな意味で空虚(製作者、観る側、雰囲気など)な異色作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月16日 (日) | Edit |
1972年アメリカ映画。
パニック映画の先駆けにして傑作です

NYからアテネに向かっている豪華客船ポセイドン号。
大晦日の夜、惨劇が起こります。
クレタ島沖の海底地震により巨大津波が起こり、その波にポセイドン号は飲み込まれてしまうのです。
ポセイドン号は、波に押し倒され海中に逆さまに沈没
ディナーパーティーに興じていた乗客の人々は、天井に向かって次々と落下。多大な死傷者をだします。
生き残った人々は、救助をその場で待つか、自分達で危険を承知で鉄板の薄いプロペラシャフトのある所まで行くか、選択を迫られます
少しガラの悪い型破りな熱血牧師のスコット(信念の男)は、プロペラシャフト室まで自力で行く事を強く主張しますが、大多数の人々は耳を傾けようとはしません。結局、最終的に牧師について行く事を決断したのは、9人しかいませんでした。巨大なツリーをハシゴ代わりにし、牧師達は、船倉(逆さになっているので上になっている)のプロペラ室に向かいます。牧師を含めて10人がツリーを上りきった時、爆発がおこり、大量の海水が流れ込んできて、残った人々は皆、水没死してしまいます。
そうして、牧師をリーダーに、総勢10人の決死の脱出行が始まります

予告編動画リンク

製作、アーウィン・アレン
監督、ロナルド・ニーム
原作、ポール・ギャリコ
脚本、スターリング・シリファント、ウェンデル・メイズ
撮影、ハロルド・E・スタイン
特殊効果、L・B・アボット
美術、ウィリアム・クリーバー
音楽、ジョン・ウィリアムズ
出演、ジーン・ハックマンアーネスト・ボーグナインレッド・バトンズ、キャロル・リンレー、ロディ・マクドウォール、ステラ・スティーブンス、ジャック・アルバートソンシェリー・ウィンタース

アーウィン・アレン製作の、他のパニック映画に「タワーリング・インフェルノ」があります。この映画もパニック映画の名作です。
脚本のスターリング・シリファント「夜の大捜査線」でアカデミー脚色賞を受賞している大物脚本家です。
美術のウィリアム・クリーバーは、豪華客船クイーン・メリー号をモデルにポセイドン号のセットを作ったそうです。
ジーン・ハックマンアーネスト・ボーグナインレッド・バトンズジャック・アルバートソンシェリー・ウィンタースと多数のオスカー受賞俳優を揃えていて、とても豪華な出演陣となっています。
この作品は、アカデミー賞を、主題歌賞と特別視覚効果賞の2部門で受賞しています。

スタントや上下逆さまのセットが素晴らしく、CGでは出せない生の迫力があります
下から迫ってくる海水にハラハラし、プロペラシャフト室までの危険な道のりにドキドキし、人間ドラマでジーンとさせてくれます。
勇気をもって力強く、困難に対処することの大切さを、教えてくれる名作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月13日 (木) | Edit |
1950年のアメリカ映画。
フィルムノワールの秀作です。

優秀だが、悪を懲らしめるためなら暴力をも厭わない、はみだし刑事のディクソン
マフィアのスカリーシが取り仕切る非合法の賭場で、富豪の殺人事件が起こります。ディクソンは、長年追っていたスカリーシを逮捕するチャンスとばかりに、張り切って捜査します。ディクソンは、第一容疑者のペインという男に聞き込みをしようと部屋を訪ねますが、容疑者のペインは捜査に協力しようとしません。押し問答の末、2人は揉み合いになり、容疑者のペインが、床に倒れた拍子に頭を打ちつけ死んでしまいます。ディクソンは、自分が殺した事を誤魔化すため、偽装工作をして死体を隠します
ペインには、別居している美しい妻モーガンがおり、聞き込みに行ったディクソンは心を奪われます。良心の痛みもあり、ディクソンはモーガンに親切に接します。そうして、いつしかモーガンも、ディクソンに魅かれていきます。そんな最中、ペインの死体が発見され、ペイン殺しの容疑者としてモーガンの父親が逮捕されてしまいます
ディクソンは、富豪殺しの真犯人スカリーシと、そして自分の罪に決着をつけるため、ある決心をします

製作、監督、オットー・プレミンジャー
原作、ウィリアム・L・スチュワート
脚本、ベン・ヘクト
脚色、ヴィクター・トリヴァス、フランク・P・ローゼンバーグ、ロバート・E・ケント
撮影、ジョーゼフ・ラシェル
音楽、シリル・モクリッジ
出演、デイナ・アンドルーズジーン・ティアニー、ゲアリー・メリル、バート・フリード、トム・タリー、カール・マルデン、クレイグ・スティーヴンス

オットー・プレミンジャー監督のフィルムノワール作品は、「ローラ殺人事件」が有名です。「ローラ殺人事件」には、今作と同じく、デイナ・アンドルーズジーン・ティアニーが出演しています。
脚本のベン・ヘクトはアカデミー賞を2度受賞しています。
脇役でネヴィル・ブランドが出演しているのが何気に嬉しかったです。

こういう埋もれた良作映画が、たくさんDVD化されるといいなぁと思います。
なるべく安価で・・・。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月10日 (月) | Edit |
1992年アメリカ映画。
90年代屈指の傑作犯罪映画です。

ストーリーは、時間軸が一定じゃない構成なので語りにくいのですが、話の筋はいたって単純です。
ギャングのボスとその息子が宝石強盗を計画。
雇われた6人のならずものが強盗を決行します。
しかし、警察の待ち伏せに遭い、2人が殺されます。4人はアジトの倉庫に逃げ戻ります。残った4人の内の1人は、腹に銃弾を受け血の海でのた打ち回っています。待ち伏せに遭ったのは、残った4人のうち1人が警察のおとり捜査官だからです。
誰がおとり捜査官なのか、4人に疑心暗鬼が広がります。

予告編動画リンク

製作総指揮、リチャード・N・グラッドスタイン、モンテ・ヘルマン、ロンナ・B・ウォーレス
製作、ローレンス・ベンダー
監督、脚本、クェンティン・タランティーノ
撮影、アンジェイ・セクラ
音楽監督、カリン・ラクトマン
出演、ハーヴェイ・カイテルティム・ロスマイケル・マドセンクリス・ペンスティーブ・ブシェーミローレンス・ティアニーエディ・バンカークェンティン・タランティーノ、カーク・バルツ

監督は説明不要ですよね。
キャストもくせもの揃いで素晴らしいです。これも説明不要でしょう。
主要キャストのうち、クリス・ペンローレンス・ティアニーエディ・バンカーは、すでにこの世を去っています

余計な肉をそぎ落としたソリッドな作りの映画です。
映画が始まってすぐ、レストランで8人の男がバカ話をしています。その話が終わって、8人の男がレストランを出たところで、オープニングタイトルが出てきます。そして、「リトル・グリーン・バッグ」という曲に乗せて、登場人物の紹介があります。その一連のオープニングの流れが本当にカッコイイです
その後は、宝石強盗を実行する場面をすっとばして、男が車で逃走しているシーンになります。1人の男が後部座席で腹から血を大量に流して叫んでおり、もう1人の男が励ましてるという状況です。観ている方は、何が起きたんだろうと気になり、物語にグッと引き込まれてしまいます。ちなみに、最後まで男達が宝石強盗を実行しているシーンは出てきません。
この映画で一番印象的なシーンは、さらって来た警官の耳を削ぎ落とす所でしょう。「スタック・イン・ザ・ミドル・ウィズ・ユー」という曲に乗せて、軽くステップを踏みながらマイケル・マドセン演じるブロンドが、警官の耳を自前のカミソリで削ぎ落とします。その様は、残酷ながらもユーモラスで、忘れられないシーンとなっています。
タランティーノの名を一躍有名にした傑作です。
僕は、この映画・・・好きです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月09日 (日) | Edit |
1960年アメリカ映画。
SFの名作です

1899年の大晦日のロンドン。科学者で発明家のジョージ(少し血の気が多い)は、自ら開発したタイムマシンで、未来や運命を変えられるかどうか試すため、時間旅行に出発します。最初は、おそるおそる時を進めていましたが、慣れるにしたがってジョージは大胆に時を進めるようになります。偶然、1970年に核爆発と溶岩に遭遇したジョージは、熱さのあまり未来へフルスロットルしてしまいます
そしてジョージは、遂に80万年後の未来に到着します。そこでは、イーロイと呼ばれる金髪の白人の集団が、自然の中で何の不自由もなくのんきに暮らしていました。イーロイは無気力で、なぜか若者しかいません。その無気力さと退化している文明に失望したジョージは、元の世界に帰ろうとしますが、何者かにタイムマシンが運び去られていました。地下にモーロックという種族がいて、そのモーロックがタイムマシンを持ち帰ったようでした
モーロックは毛むくじゃらでヒマラヤの雪男のような姿をしています。モーロックは、イーロイに食べ物と衣服を与え、そしてある程度の歳になると地下に連れて行き食料にしていました。イーロイが無気力で若者しかいなかったのは、モーロックに家畜のように飼われていたからでした
ジョージは、タイムマシンを取り戻し、イーロイを救うため、モーロックのいる地下に潜入します。

予告編動画リンク

製作、監督、ジョージ・パル
脚本、デビッド・ダンカン
原作、H・G・ウェルズ
撮影、ポール・C・ボーゲル
音楽、ラッセル・ガルシア
出演、ロッド・テイラー、アラン・ヤング、イベット・ミミュー、セバスチャン・キャボット、トム・ヘルモア

ジョージ・パルは、「月世界征服」「地球最後の日」「宇宙戦争」などのSF作品の名製作者として活躍した人です。

この映画は、アカデミー特殊効果賞を受賞しています。

何と言ってもこの映画は、コマ撮りの特撮が素晴らしいです。モーロックの死体が、風化して骨になるまでの過程の特撮は、まさに白眉です
タイムマシンの造型も、ソリの形をベースに、ビクトリア調の家具を組み合わせた作りで、味があります。
ちなみに、光の明滅の激しい部分があるので、敏感な人は注意した方がいいかもしれません。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月08日 (土) | Edit |
1971年アメリカ映画。
社会派犯罪サスペンスです。

金庫破りで10年の懲役を喰らったデュークが出所。デュークは、金庫破りは女とのSEXと一緒だと嘯くような男です
10年ぶりのシャバは、一般人から政府機関まで、社会の隅々に盗聴盗撮があふれ返っています。
デュークは、昔の恋人(大金持ちの愛人になっている)の家(超高級マンション)に居候をしながら、その超高級マンション全ての住人の貴重品や現金の強奪を計画します。デュークは、その為の資金をマフィアのボスに出資してもらいますが、マフィアのボスは、その出資の見返りとして邪魔になった男の始末をデュークに要求します。デュークは承知し、強奪計画にその始末すべき男を加えます。デュークは他に、運転手や貴重品の目利きや電気系統のプロや見張り役などを加え、大胆な強奪計画を実行します

製作、ロバート・M・ワイトマン
監督、シドニー・ルメット
脚本、フランク・ピアソン
撮影、アーサー・オーニッツ
音楽、クインシー・ジョーンズ
出演、ショーン・コネリークリストファー・ウォーケン、アラン・キング、ダイアン・キャノン、マーティン・バルサム

「セルピコ」「狼たちの午後」「ネットワーク」など、70年代に大いに活躍したシドニー・ルメット監督作です。
クインシー・ジョーンズの音楽が、70年代のニューヨークによく合っています。
ショーン・コネリーや、まだ若くて初々しいクリストファー・ウォーケンや、マーティン・バルサム(この作品ではオカマ役!)など、俳優陣が豪華です。

強奪計画を実行する時のデューク一味の覆面がシブいです。
ユーモアとサスペンスと娯楽と社会的なメッセージが混ざり合って、なんだか不思議なバランスの映画になっています。でも、決して悪い映画ではないですよ。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月05日 (水) | Edit |
1966年アメリカ映画。
超低予算のSFです。

宇宙開発に携わるキース博士。
自宅で、自分で作ったらしい大掛かりなラジオの様な装置で、金星と交信しています
キース博士は、その装置から聞こえるノイズのような音を金星人の言葉だと主張し自分の奥さんや親友のカート博士を困らせています。キース博士は、金星人のゾンターという名前の人(?)と交信しているようです
ある日、そのゾンターが、地球の衛星を失敬し宇宙船に改造、地球にやってきます。
キース博士は、はるばる金星から地球を救うために、ゾンターさんがやって来たと喜びます。そして、自らゾンターのパシリとなり、色々と便宜を図ります。
しかし、本当にゾンターは地球を救うためにやって来たのでしょうか・・・。

製作、監督、脚本、ラリー・ブキャナン
脚本、ウィルマン・テイラー
撮影、ロバート・B・オルコット
出演、ジョン・エイガー、アンソニー・ヒューストン、スーザン・ビューマン、パトリシア・デ・レイニー

ロジャー・コーマン監督作の「金星人地球を征服」のリメイクです。
スタッフ、キャストで特筆すべきものは、残念ながらありません

金星人のゾンターは、でかいコウモリのような造型で、ホームレスが作ったオブジェのようですが、意外と目がカワイイです。
映画の後半で、プルトニウム銃という兵器が出てくるのですが、持ってるだけで被爆してしまいそうなチャチな作りで、付近への放射能汚染の影響が心配されます。
こういうチープ極まりない映画を観るのも、たまにはいいものです(?)。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月04日 (火) | Edit |
1977年アメリカ映画。
カーチェイスカーアクション満載の痛快コメディです。

生きる伝説のトラック野郎バンデッド。トラックロデオの会場で、バーデッド親子(デブの親父とチビの息子)賭けをします。28時間以内にジョージア州からテキサス州へビール400ケースを運び戻ってくるというものです。成功報酬は8万ドル。バンデッドは、相棒のスノーマンと共に賭けに挑戦します。作戦は、バンデッドがトランザムを運転し、スノーマンが運転するビールを載せたトラックを護衛しながら、道のりを走破するというものです。
順調にいくかに見えた作戦ですが、途中でバンデッドが、花嫁姿のじゃじゃ馬娘キャリー(28歳踊り子)をトランザムに乗せた事で、テキサスの保安官ジャスティスにしつこく追われる破目になります。実はキャリーは、保安官ジャスティスの息子と結婚するはずだったのです
バンデッド達は、各州の警察とジャスティスの追跡をかわしながら激走します。

予告編動画リンク

製作総指揮、ロバート・L・レヴィ
製作、モート・エンゲルバーグ
監督、ハル・ニーダム
脚本、ジェームズ・リー・バレット、チャールズ・シャイア、アラン・マンデル
撮影、ボビー・バーン
音楽、ビル・ジャスティス、ジェリー・リード
出演、バート・レイノルズ、サリー・フィールド、ジェリー・リード、マイク・ヘンリー、ジャッキー・グリーソン、ポール・ウィリアムズ

「キャノンボール」でお馴染みのハル・ニーダム監督の初監督作品です。
ハル・ニーダム「グレートスタントマン」「キャノンボール」「ストローカーエース」などで、バート・レイノルズを主演に据え映画を撮っています。
ポール・ウィリアムズがバーデッド親子のチビの息子役で出演しています。

トラックの助手席に、犬(バセット・ハウンド)が乗っていて、それがカワイイです。
現代のカウボーイともいえるトラック野郎の男意気がつまった、楽しい映画です。
車好きトラック好きトラック野郎好きにオススメの映画です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2007年09月02日 (日) | Edit |
1974年のイギリス映画です。
サイドショー芸人が大勢出演するホラーです。
「悪魔の植物人間」という邦題の方が有名です。

植物と人間を遺伝子操作によって融合させて、全く新しい人類を創り出そうとしている科学者で教授のノルター。ノルターは、人類は光合成でエネルギーを得る事になり飢えが解決し平和になると言います。その人間を創り出す為にノルターは、人体実験を秘かに行っています。その実験体を、サイドショーを運営していて自らもフリークなリンチ(最も醜い男と呼ばれている)とバーンズ(小人)に調達させています。リンチとバーンズは、ノルターに自分達の体を正常な体に戻してもらう約束で協力しています。実験に失敗した実験体は、そのままサイドショーで見世物にしています。そして、その実験体が死ぬとこっそりと始末しています。
何度も実験に失敗していましたが、とうとうノルターは、人体実験に成功植物と人間の融合した新しい人類(怪物?)を創り出します。しかし、その新しい人類(怪物?)は、研究室から逃げ出してしまいます。そして、その新しい人類(怪物?)は、光合成などせず、人間を捕食して栄養を補給するという性質を持っていたのでした・・・

製作、脚本、ロバート・D・ワインバック
監督、ジャック・カーディフ
脚本、エドワード・マン
撮影、ポール・ビーソン
音楽、バジル・カーチン
出演、ドナルド・プレザンス、トム・ベイカー、ブラッド・ハリス、ジュリー・エーゲ、マイケル・ダン、ジル・ハワース

ジャック・カーディフ監督は、アカデミー名誉賞を受賞したほどの名監督です。なぜ、こういう映画を撮ることになったのか謎が残ります。
「ハロウィン」などでお馴染みのドナルド・プレザンスがノルター役で出演しています。

サイドショー芸人達が印象的で、小人、ヒゲ女、全身毛むくじゃらの猿女、生まれつき足が使えないので逆立ちで歩くようになった男、ワニの皮膚を持った女、やせ細った骸骨女、足がグニャリと曲がった男、目玉を飛び出させ自由に動かす男などが多種多様な技?を魅せてくれます

製作者のロバート・D・ワインバックは、トッド・ブラウニング監督の「フリークス」のオマージュとして、この映画を作ったそうです。しかし、監督のジャック・カーディフは、製作当時は「フリークス」を過去に一度も観たことが無かったそうです。
なぜか妙に人気のあるホラー映画です。
DVDには、コメンタリーや日本語吹き替えがついています。日本語吹き替えは、かなり嬉しいです。
風変わりな映画なので記憶に残りますよ。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画