FC2ブログ
2009年01月26日 (月) | Edit |
1966年イタリア作品。
イタリアン・スプラッターの帝王ルチオ・フルチのマカロニウエスタン。

砂金堀りをしていたトムのもとに、友人のキャラダインから手紙がきます。すぐに帰郷してくれという内容で、何が起こったのか確かめる為に、トムは、長年帰っていない実家に帰ることに
久しぶりに故郷に帰ったトムですが、町はすっかり様子が変わっていました。スコットという実業家が、町の酒場から銀行までを経営しており、トムの実家もスコットのものになっていました。スコットは、多数のならず者を抱え、実質的に町を支配しているかのようでした。
実家に住んでいるはずだったトムの兄と乳母は、町外れの粗末な小屋に住んでおり、そのうえ兄のジェフは重度のアル中になっていました。
トムは、何が起こったのかを、兄のジェフに尋ねますが、ジェフはトムに、町から出て行けと言うばかりです。
そこでトムは、手紙をくれたキャラダインを訪ね、理由を聞こうとしますが、キャラダインは、トムの目の前で何者かに銃撃され死んでしまいます。果たして何が起こっているのか、トムが帰郷しなければいけなかった理由は何なのか、謎が深まります・・・

予告編動画リンク

製作、オレステ・コルテラツィ
監督、ルチオ・フルチ
脚本、フェルナンド・ディ・レオ
撮影、リカルド・パロッティーニ
音楽、ラッロ・ゴーリ
出演、フランコ・ネロ、ジョージ・ヒルトン、ニーノ・カステルヌォーヴォ、ジョン・マクダグラス、リナ・フランケッティ

ルチオ・フルチ監督の他の作品に、「サンゲリア」「地獄の門」「ビヨンド」などがあり、極悪残酷描写で有名です。
フェルナンド・ディ・レオの他の脚本作に、「続・荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン」などがあります。
フランコ・ネロの他のマカロニウエスタン主演作に、「続・荒野の用心棒」「ガンマン無頼」「豹/ジャガー」などがあります。

カンツォーネ歌手のセルジオ・エンドリゴの歌う主題歌「A MAN ALONE」は名曲だなぁと思いました。かなりいい曲です。
映画の中身ですが、冒頭から多数の猟犬に人間を喰わせたり、バーでの喧嘩で殴られふっ飛ばされた男の頭に燭台が刺さったり(まさにジャストミート)女子供でも容赦なく頭に風穴を開けられたり鞭打ちリンチシーンが異常なほど長かったり、映画全体で死ぬ人間の数が半端じゃなく多かったりと、スプラッターの帝王ルチオ・フルチだけあって、残酷描写に対する独特のこだわりと冴えが垣間見えます。
マカロニウエスタンの魅力は、残酷さも含めて銃撃戦やアクションを単純に楽しむ(理屈抜きに)事にあるので、その点では、この作品は期待を裏切る事はないと思います。馬に曲乗りしてのアクロバット撃ちや、大回転ワゴン撃ちなど、趣向をこらしたガンアクションも楽しいです。
主人公より重度のアル中の兄の方が強く見えたりムチでさんざんシバかれ生傷だらけになった主人公が、次の日には生傷が傷跡になり体力も全回復してたりしますが、そこは突っ込まずにスルーしましょう


スポンサーサイト



テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月20日 (火) | Edit |
1971年イギリス作品。
恐ろしい吸血鬼の呪いが村にふりかかるハマー・プロ製作のホラー。

セルビアのシュテッテル村で、子供の謎の失踪が多発
実は村の教師ミュエラーの美しい妻アンが子供達をさらい、ミッターハウス伯爵に捧げていました。ミッターハウス伯爵は吸血鬼で、子供の生き血を必要としていたのです
伯爵の正体を知ったシュテッテル村の村民達は、伯爵の城を急襲村民総出で伯爵を倒し、城を爆破します。伯爵は死ぬ間際、村に死の呪いをかけ、そしてアンを、いとこの吸血鬼エミールの所へ使いにやり、我が身の復活を託します
それから15年後。
シュテッテル村では謎の疫病が流行。伝染を恐れた国は、シュテッテル村を封鎖。村人は疫病によってバタバタと死んでいきます。
そんな最中、封鎖されているはずの村に、サーカス団が訪れます。そのサーカス団は、夜のサーカスという名で、小人のピエロやジプシーの女、怪力男、黒豹や虎などの猛獣、妖しいダンサーなどが、摩訶不思議なショーを繰り広げるのです。村民達は、そのショーに魅せられ、日頃の憂さを晴らしますが、そのサーカス団は吸血鬼のエミールが率いていたのでした・・・

予告編動画リンク

製作、マイケル・カレラス、ウィルバー・スターク
監督、ロバート・ヤング
脚本、ジャドソン・キンバーグ
撮影、ウォルター・バイアット
音楽、デイヴィッド・ホイッテーカー
出演、エイドリアン・コリ、ローレンス・ペイン、ソーリー・ウォルターズ、ジョン・モルダー・ブラウン、リン・フレデリック、アンソニー・コーラン、デヴィッド・ブラウズ

リン・フレデリックの他の出演作に、「フェイズⅣ」「荒野の処刑」などがあります。大変、綺麗な女優です。
サーカスの怪力男を演じているデヴィッド・ブラウズは、「スター・ウォーズ」でダース・ベイダーを演じています。

多少、作りの粗いところはあるのですが、ホラー的にはいい作品です(エロティックで猟奇的で怪奇的なので)。美少年や美少女(リン・フレデリックがカワイイ)ワイルドな吸血鬼色気ムンムンの人妻小人のピエロ双子の男女の軽業師など、キャラクターも豊富で魅力的です。
そういえば、リン・フレデリックが、うっすらノーブラな感じ(ちょっとポッチが見えるような・・・)なので、おっ!という感じで凝視してしまいました。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月17日 (土) | Edit |
1969年イタリア映画。
大統領暗殺をめぐる陰謀を描いたマカロニウエスタン。

1881年テキサス州ダラス
ガーフィールド大統領が遊説の為、ワシントンからやって来る事に
奴隷解放や平等の理念を掲げる清廉な大統領を、日頃から苦々しく思っていたテキサス州知事やテキサスの経済を牛耳る銀行家のピンカートンは、南軍の残党を率いるならず者ウォレスやジェファーソン保安官を操り、大統領暗殺を企てます
陰謀に巻き込まれ、父親と親友の黒人ジャックを殺された元北軍兵士ビルは、復讐と社会正義の為、車椅子の新聞記者ニックと共に、強大な敵に立ち向かいます・・・

予告編動画リンク

製作、ビアンコ・マニーニ
監督、トニーノ・ヴァレリ
脚本、マッシモ・パトリッツィ
撮影、ステルヴィオ・マッシ
音楽、ルイス・エンリケス・バカロフ
出演、ジュリアーノ・ジェンマ、ヴァン・ジョンソン、ウォーレン・ヴァンダース、マリア・クアドラ、フェルナンド・レイ、レイ・サウンダース、アントニオ・カサス

監督のトニーノ・ヴァレリは、セルジオ・レオーネの弟子で、他の作品には、「怒りの荒野」「ミスター・ノーボディ」があります。
音楽のルイス・エンリケス・バカロフは、「イル・ポスティーノ」でアカデミー音楽賞を受賞しています。
ジュリアーノ・ジェンマの他の主演作に、「荒野の1ドル銀貨」「キスキス・バンバン」などがあり、日本でも大変人気のある俳優です。
フェルナンド・レイは、「フレンチ・コネクション」で麻薬組織のボス、シャルニエを演じた事で有名です。

ガーフィールド大統領の暗殺事件とケネディ大統領暗殺事件をミックスし大胆に脚色した映画で、もちろん完全にフィクションです。ケネディ暗殺事件にインスパイアされて作られたのでしょうけど、ワシントンで暗殺されたガーフィールド大統領を、ダラスで暗殺されたように史実を作り変えるのは、いささか乱暴かなという気がします
なお邦題は「怒りの用心棒」となっていますが、あまり映画の内容とは関係ありません
トニーノ・ヴァレリの歯切れのいい演出が小気味好い、変わり種のマカロニウエスタンです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月13日 (火) | Edit |
1962年イタリア映画モノクロ作品。
1950年のシチリアで実際に起こった殺人事件にまつわる謎を描いた社会派映画。

1950年7月5日イタリア、シチリア島。
28歳の青年サルヴァトーレ・ジュリアーノの射殺体が発見。公式には、憲兵と撃ちあいの上射殺されたと発表されますが、現場には不合理な点や矛盾があり、周りの人物の証言などにも合致せず、疑惑が深まります
殺されたサルヴァトーレ・ジュリアーノは、元山賊の頭目で、シチリア独立運動の際、独立義勇軍に自らの組織を率いて参加した人物でした。ジュリアーノは、マフィア警察とも関係が深く、地元民には、富める者から奪ったものを貧しいものへ分け与える義賊としても慕われていました。
そんなサルヴァトーレ・ジュリアーノは、どうして殺される事になったのでしょうか。そして誰が殺したのか。
シチリアの深い闇が明らかになっていきます・・・

参考動画リンク

監督、脚本、フランチェスコ・ロージ
脚本、スーゾ・チェッキ・ダミーコ、エンツォ・プロヴェンツァーレ、フランコ・ソリナス
撮影、ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ
音楽、ピエロ・ピッチョーニ
出演、フランク・ウォルフ、サルヴォ・ランドーネ、ピエトロ・カマラータ

フランチェスコ・ロージはこの作品でベルリン国際映画祭監督賞を受賞しています。

ロングショットと長回しが多い、リアルだけれど、地味な映画です。リアルなので、シチリア島の暮らしぶりや自然、島民の気質などが、よく分かるのは良かったです。
この作品を観る前に、シチリア島の歴史やサルバトーレ・ジュリアーノの事を調べておくと、分かりやすくていいかもしれません(予習しておかないと分かりづらいかも・・・)
歴史的に苦難の多いシチリア島の、今もなお続く黒い闇に光を当てた問題作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月12日 (月) | Edit |
1949年アメリカ作品モノクロ。
異常な心理を持つ凶悪なギャングを描いたフィルムノワール屈指の傑作。

ギャングのコーディーは、仲間と共に列車強盗を働き、4人を殺害し、30万ドルの奪取に成功します。コーディーは、他人を信用せず残忍で非情な性格で、強力なリーダーシップと恐怖で仲間をまとめあげています。そんなコーディーですが、唯一母親にだけは頭があがりません。母親の言う事は何でも聞き入れ、何でも言う事を聞きます。母親を崇拝しきっており自身の心のよりどころとなっているのです
列車強盗での警察の捜査が身近に迫ってきたのを感じたコーディーは、同時に起こった別件の窃盗事件を自供することで、列車強盗時のアリバイを立証し、捜査を逃れようとします
しかし警察は、微罪で服役しているコーディーのもとに、潜入捜査官のファロンを派遣し、極秘のおとり捜査を開始します。潜入捜査官ファロンは、最初はコーディーらから信用されていませんでしたが、部下から裏切られたコーディーが、刑務所の作業場で暗殺されかけたのを救った事で、信頼を獲得。そして、コーディーに気に入られた潜入捜査官ファロンは、コーディーの兄弟分になるほどに信用されます・・・

予告編動画リンク

製作、ルイス・F・エデルマン
監督、ラオール・ウォルシュ
原案、ヴァージニア・ケロッグ
脚本、アイヴァン・ゴフ、ベン・ロバーツ
撮影、シドニー・ヒコックス
音楽、マックス・スタイナー
出演、ジェームズ・キャグニーバージニア・メイヨ、スティーブ・コクラン、エドモンド・オブライエン、フレッド・クラーク

監督のラオール・ウォルシュは、G・W・グリフィス監督のもとで下積みをし、映画作りを学んだそうです。不慮の車の事故で右目を失った後も、変わらず監督を続けていました。他の監督作に「彼奴は顔役だ」「ハイ・シエラ」「死の谷」などがあります。
音楽のマックス・スタイナーは、アカデミー音楽賞を3回受賞しています。受賞作は「男の敵」「情熱の航路」「君去りし後」です。
ジェームズ・キャグニーの他の主演作に「民衆の敵」「Gメン」「彼奴は顔役だ」などがあります。

「やったぜ、ママ!世界一だ!」というセリフと壮烈なラストが深く印象に残る映画で、主人公コーディーの特異なキャラクター(極度のマザコンで凶暴なサイコパス)非情な暴力描写ラオール・ウォルシュのテンポのある演出で、ギャング映画の金字塔となっています。リアリズムの中に表現主義的描写が垣間見える興味深い映画でもあります。
ギャング映画が好きな人なら、真っ先に観ておかないといけないぐらい、素晴らしい作品です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月08日 (木) | Edit |
1992年アメリカ映画。
ストーカーの警察官に執拗に付け狙われるサイコスリラー。

郊外の高級住宅地に家を買ったマイケル(育ちのいいインテリ)カレン(美人妻)は、裕福で平穏な幸せな生活を送っていました。
そんなある日、真夜中に家に強盗が入り、直接の被害はなかったものの、その恐怖はマイケル夫婦のトラウマになります。通報で駆けつけてきた警察官のピート(独身)は、親切な対応と色んなアドバイスをしてくれるナイスガイで、その気のいい人柄に魅かれたマイケルとカレンは、ピートと友達付き合いを始め、仲良くなります
ある日、マイケルがピートに、パトロールに着いてくるように誘われ、行ってみると、マイケルの家に強盗に入った男を、ピートが独自に捜査し、捕まえていました。そしてピートがマイケルに警棒を渡し犯人をぶん殴れと言います。マイケルが躊躇し殴れないでいると(育ちのいいインテリだけに)、ピートはマイケルを罵倒し、犯人を滅多打ちにします
ピートの異常さに気付き始めたマイケルでしたが、妻のカレンはマイケルの言う事を信じてくれません。そしてマイケルがピートを避けはじめた時から、マイケルに嫌がらせが始まります。そしてその狙いは妻のカレンへと・・・

予告編動画リンク

製作、チャールズ・ゴードン
監督、ジョナサン・カプラン
脚本、ルイス・コリック
撮影、ジェイミー・アンダーソン
音楽、ジェームズ・ホーナー
出演、カート・ラッセルレイ・リオッタマデリーン・ストウ、ロジャー・E・モーズリー、ケン・ラーナー、デボラ・オフナー

ジェームズ・ホーナー「タイタニック」「ビューティフル・マインド」など多数の映画音楽を手がけています。
カート・ラッセルがチャールズ・ホイットマンに扮したTVムービー「パニック・イン・テキサスタワー」を日本でDVD化して欲しいものです。
レイ・リオッタは、「フィールド・オブ・ドリームス」「グッドフェローズ」などに出演しており、綺麗な目玉に特徴がある男優です。
マデリーン・ストウの他の出演作に「張り込み」「ラスト・オブ・モヒカン」などがあります。線が細くて美しい女優です。

レイ・リオッタの恐いストーカーの演技とマデリーン・ストウの美人妻ぶり、そしてジョンサン・カプランの手堅い演出で、なかなかの佳作に仕上がっています。
語弊があるかもしれませんが、女性が必要以上に強く描かれていないところが、この映画の面白さとスリルを増しているのだと思います。こういうストーカー映画はたくさんあるのですが、被害者が必要以上に強く描かれた女性だと、自業自得に見えてしまったり、感情移入できなかったりして、さほど面白く感じなくなることがあるのです。
この映画は、女性らしい守ってあげたい系のマデリーン・ストウをキャスティングしてる時点で、一本勝ちでしょう。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月06日 (火) | Edit |
1989年西ドイツ作品。
ブランドン・リー主演のB級アクション映画。

526カラットの巨大ダイヤ闇の組織に強奪され、同時にレーザー兵器の研究者ブラウン博士が誘拐されます。ブラウン博士が研究しているレーザー兵器とその巨大ダイヤを組み合わせると、多大な殺傷能力を持った恐るべき兵器になるのです
それを阻止すべく、CIAに雇われたフリーの諜報員マイケルは、目の前でブラウン博士が誘拐された責任と多額の報酬、そして自らの誇りをかけて、闇の組織からの博士の奪還を目指し、博士の娘で獣医のアリッサ(セクシー系)と共に、闇の組織のアジトに乗り込みます・・・

予告編動画リンク

製作、ハンス・カーフル・シニア
監督、ビュー・デイヴィス
脚本、フィリップ・ギュータリッジ
撮影、ハンス・カーフル
音楽、デヴィッド・ノップラー
出演、ブランドン・リーアーネスト・ボーグナイン、デビー・モナハン、グラハム・クラーク、ワーナー・ポーチャス

ブランドン・リーの他の主演作に「ラピッド・ファイアー」「クロウ/飛翔伝説」などがあります。
アーネスト・ボーグナインは、名優なのですが、こういったB級の作品にも数多く出演しています。仕事を選ばない人なのかもしれません。ボーグナインの出演作の「コンバット・恐怖の人間狩り」「エア・サスペリア」あたりのマイナーB級映画が、日本でDVD化されると嬉しいなぁと、個人的には思います。

この映画は、陳腐なセリフと陳腐なストーリー展開をみせる低予算作品で、そのあまりのステレオタイプさ加減に、ついつい観ていて不機嫌になってしまいますが、今は亡き、ブランドン・リーの元気な姿とアクション、そして魅力的な笑顔が見られるだけいいのかなぁと(自らを慰めつつ)思いました。
数少ないブランドン・リーの主演作という意味では貴重な作品です(売りはそれだけですが・・・)


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月04日 (日) | Edit |
2000年ドイツ/アメリカ作品。
現代のイギリスに悪魔の子供が生誕してしまうオカルトホラー。

イギリスのマン島。
イギリスの地方TV局に勤めるニュースキャスターのマークと結婚したアメリカ人のクリスティー。盛大な結婚式や洗練された裕福な生活に夢見心地の日々。
結婚式の日に身ごもった息子ディランも生まれ、幸せの絶頂に
しかし、ディランが6歳になろうかという時、マークや周りの人々が、ディランからクリスティーを遠ざけ始め、ディランも悪魔的な本性を表し始めます・・・

製作総指揮、マティアス・ダイル、イヴォ・ジャンカース
製作、ベルント・アイヒンガー、マーティン・モスコウィック、ノルベルト・プレウス
監督、リチャード・シーザー
脚本、ジョン・ライス、ルディ・ゲインズ
撮影、ヨアヒム・ベルク
音楽、クリストファー・フランケ
出演、ローラ・ハリス、リチャード・リンターン、フランシス・マギー、アレックス・ロー=ブラウン、アリス・クリーグ、ジョン・スタンディング、ニック・ブリンブル、ピーター・ワディントン

スタッフ・キャストで特記することはありません。

この映画は、悪魔の子供を産んでしまった母親の苦悩と邪教集団との闘いを描いているのですが、分かりやすく言えば「オーメン」+「ローズマリーの赤ちゃん」です。今さら感の漂うテーマに挑んだのは評価できますが、これといった盛り上がりも盛り下がりもなく、可もなく不可もない映画になっているのは残念です。
定番ではあるけれど物足りない、薄味の具なし味噌汁のような作品です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年01月01日 (木) | Edit |
1959年アメリカ作品。
アカデミー賞11部門受賞の大スペクタクル史劇。

キリストが誕生し、それから26年後。
エルサレムに新しく赴任してきたローマ軍将校メッサラユダヤの王族ジュダ・ベン・ハーは、久しぶりの再会を喜びます。メッサラとベン・ハーは幼なじみで、人種は違いますが親友だったのです
立派になったお互いを見て、2人は喜び合いますが、2人の立場は子供の頃のような無邪気なものではありませんでした。メッサラはローマ帝国軍の要職にあり、ベン・ハーはローマに征服されたユダヤのプリンスなのです。
メッサラは、ベン・ハーにユダヤ人反抗勢力の情報を流すように頼みますが、ベン・ハーは民族の誇りをかけて協力を拒否します。ローマ帝国の正義を疑わないメッサラと民族のアイデンティティーをかけたベン・ハーは、必然的に、対立する事になってしまいます。
エルサレムに新しい総督グラトゥスが赴任する日。軍事パレードを屋上から見学していたベン・ハーと妹ですが、運悪く、家の瓦が通りに落下し、それが総督のグラトゥスに命中。うむを言わさずベン・ハーと母親と妹は、ローマ帝国軍に拘束されてしまいます。
ベン・ハーは無実を主張し、メッサラに口ぞえを頼みますが、メッサラは黙殺。ベン・ハーは罪人としてガレー船送り(船倉でムチでしばかれながらオールを漕ぐ)になってしまいます。ベン・ハーの母親と妹も罪人として拘禁され、行方知れずに
ガレー船で、復讐を胸に執念で生き残っていたベン・ハー。ある日、乗っていたガレー船が、マケドニアの艦隊との海戦中に大破。船倉から脱出したベン・ハーは、海に転落したローマ艦隊司令官のアリウスを救います。
ベン・ハーは、その事で、過去の罪を許され、さらにアリウスの養子として、ローマに迎えられる事になります・・・

予告編動画リンク

製作、サム・ジンバリスト
監督、ウィリアム・ワイラー
原作、ルー・ウォーレス
脚本、カール・タンバーグ
撮影、ロバート・サーティース
音楽、ミクロス・ローザ
出演、チャールトン・ヘストンスティーブン・ボイドジャック・ホーキンスヒュー・グリフィス、ハイヤ・ハラリート、マーシャ・スコット、キャシー・オドネル、サム・ジャッフェ

製作のサム・ジンバリストは、この映画の撮影の途中で、心臓発作により世を去りました。
監督のウィリアム・ワイラーは、1925年の「ベン・ハー」にも助監督として参加していたそうです。
チャールトン・ヘストンの主演した他の史劇では「十戒」「エル・シド」が有名です。

この映画は1500万ドルという大予算で作られただけあって非常に豪華です。戦車レースのシークエンスは大迫力で、実際に人が死んでるんじゃないかと錯覚してしまうほどです。戦車レースで、ベン・ハーの馬は素直な4頭の白馬(本当にカワイイ!)で、ライバルのメッサラの馬は精悍な4頭の黒馬なので、対比がきいていて、とても分かりやすかったです。
格調高い映像とミクロス・ローザの映画史に残る素晴らしい音楽が見事にマッチした名作です。3時間42分あるので、時間がある休日などに観ましょう。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画