FC2ブログ
2009年02月22日 (日) | Edit |
1986年アメリカ/イギリス作品。
首を刎ねられない限り死なない不死身の戦士達のバトルを描いたアクション・ファンタジー。

世界のどこかで不老不死の人間が生まれ、時が来れば自らの宿命を知らされることになる。それは、自分以外の、世界のどこかにいる不死の戦士達を、首を刎ねて殺さなければならないという事。闘いは最後の1人になるまで何世紀にも渡って続くという事。そして、最後の1人になった時、世界を我が物に出来るほどの、とてつもない神秘の力を与えられるという事。
現代のニューヨーク。
古美術商のコナーは、日本刀マサムネを手に、不老不死の戦士達と死闘を繰り広げていました・・・。
16世紀のスコットランド。
初陣に臨む若者の兵士コナー。激しい戦闘になり、乱戦のさなか、敵方の黒騎士が近づいてきました。その時、コナーの体に妙な感覚が。禍々しいオーラに包まれたその黒騎士は、凄まじい強さを持ち、コナーはあっという間に追い詰められ、腹を刺され、首を刎ねられる寸前に。しかし、間一髪、仲間の兵士に助けられ、なんとかその場を逃れる事ができたコナーですが、黒騎士にやられた傷は深く、あえなく死んでしまいます
仲間の手によってコナーの死体は故郷の村に持ち帰られますが、葬儀を待たずにコナーは生き返ります。驚いた村人達は、悪魔がコナーの体を乗っ取ったと思い、コナーを村から叩き出してしまいます
傷ついたコナーは、人里離れた場所で、恋人と共に静かに暮らしていましたが、ある日、スペイン王室に仕えるラミレスという日本刀マサムネを操る騎士が訪ねてきた事で、人生が一変します。ラミレスと会ったとき、黒騎士と会ったときに感じた妙な感覚がコナーの体を駆け抜けますが、黒騎士に感じたような禍々しさはなく、どこか暖かく感じたのでした。
ラミレスは、コナーに不老不死の戦士の宿命と、コナーを殺そうとした黒騎士の事を教えます。黒騎士の名はクルガンといい、邪悪残忍で、神秘の力を手に入れる事で、世界を我が物にしようと目論んでいる、悪魔のような恐ろしい男でした。
ラミレスは、クルガンに対抗する為、コナーに闘い方や力の使い方、剣さばきなどを教えます。そして修行するうちに、いつしか2人は兄弟のようになり、強い絆で結ばれるように。
しかし、クルガンの不吉な影は、2人のすぐそこまで迫っていました・・・

予告編動画リンク

製作、ピーター・S・デイビス、ウィリアム・N・パンザー
監督、ラッセル・マルケイ
原作、脚本、グレゴリー・ワイデン
脚本、ピーター・ベルウッド、ラリー・ファーガソン
撮影、ジェリー・フィッシャー
音楽、マイケル・ケイメンクイーン
出演、クリストファー・ランバート、ロクサーヌ・ハート、クランシー・ブラウン、ショーン・コネリー、ビーティ・エドニー

MTV出身の映画監督ラッセル・マルケイの他の作品に、「リコシェ」「ブルー・アイス」「ブロンディー/女銀行強盗」などがあります。
音楽のマイケル・ケイメンは、「リーサル・ウエポン」シリーズや「ダイ・ハード」シリーズなど、多数の映画音楽を手掛けています。
ショーン・コネリー(説明不要だと思いますが・・・)、初代ジェームズ・ボンド役でトップスターとなり、以降も多数の映画に精力的に出演し、現在に至るまで、その地位を維持し続けている名優です。

この作品は、ストーリー設定の良さから、数多くの続編やTVシリーズが作られており、日本でも、2008年にアニメ映画化されています。熱心なファンがいて、カルト的人気がある映画としても知られています。
不老不死の戦士達による、何百年にも渡るサバイバルバトルという壮大な物語は、確かに、いくらでもサイドストーリーが書けそうで、そういう意味では、想像力をかきたてられる映画だと思います。
ただ、ストーリーが唐突だったり、掘り下げが足りないと感じてしまったりする所が、多々あるのも事実で、2時間足らずの映画では、壮大なストーリーやキャラクターの全てを表現するのは、やはり無理があったのかなぁと思いました。
ちなみに、題名のハイランダーとは、スコットランド北部の高地に住む人という意味です。


スポンサーサイト
テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年02月14日 (土) | Edit |
1973年イタリア映画。
女だけの部族アマゾンの伝説を題材にしたエロティック史劇。

昔々、黒海のほとりに、女だけの部族アマゾンの国がありました。
アマゾンの女闘士アンティオペ(ブロンドセクシー)オレイセア(褐色セクシー)は、4年に1度行われる女王の座を賭けた複合競技(槍投げや馬術など)で、共に好成績を挙げ、並み居るライバル達を尻目に、決勝戦へ。
決勝の競技は、聖油を体に塗りパンイチ(ぱんつ1丁)で闘うレスリング。アンティオペは、激闘の末、辛くもオレイセアを下し、女王に。
女王になったアンティオペは、アマゾンの改革に着手。より強くより平等な国を目指し、指導力を発揮します。
そして、年に1度の交配の儀式の日が訪れます。アマゾネス達は、年に1度、2晩から3晩の間、他の国の男達と、「任務」と呼ばれる、種付けをするのです。その年は、ギリシャ軍と交渉がまとまり、アマゾネスとギリシャの男達は、「任務」を果たします(ギリシャの男達もアマゾネス達も密かに嬉しそう)
「任務」は女王とて例外ではなく、他のアマゾネスと同じように、ギリシャの男と寝なければなりません。アンティオペはアマゾネスの女王らしく、快楽ではなく本当に「任務」ととらえ、ストイックに臨みますが、ギリシャの皇帝テセウス(身分を偽って兵士として潜入していた)との1夜は、アンティオペにとって、忘れられないものに・・・

予告編動画リンク

製作、ニーノ・クリスマン
監督、テレンス・ヤング
オリジナル脚本、リチャード・オーブリー
脚本、ディノ・マイウリ、マッシモ・デ・リタ、セルジュ・ド・ラ・ロッシュ
撮影、アルド・トンティ、アレハンドロ・ウロア
音楽、リズ・オルトラーニ
出演、アレーナ・ジョンストン、サビーヌ・サン、ルチアナ・パルッツィ、アンジェロ・インファンティ、ファウスト・トッツィ、マリサ・ロンゴ

007シリーズで有名なテレンス・ヤング監督の他の作品に、「007/ドクター・ノオ」「007/ロシアより愛を込めて」「007/サンダーボール作戦」などがあります。ちなみに、統一教会が製作した、ラジー賞ほぼ独占の最低映画「仁川(インチョン)」も監督しています。
リズ・オルトラーニは、数多くの映画音楽を担当しており、他の作品に、「世界残酷物語」「黄色いロールス・ロイス」などがあります。

この映画の意義は、女だけの戦闘部族の国アマゾンの伝説を、セクシー女優満載で映像化したという事につきるでしょう。ブロンドで大きなオッパイのアマゾネスの女王の、裸でのオイルレスリングやレズシーン(当時の青少年の股間を直撃した)が観れるだけでも、大いなる価値があると思います(私はこの映画が作られた時は生まれてませんでしたが・・・)。たしかに、ストーリーは退屈で作りもユルイですが、現在でもたくさんの亜流が生まれている事を思えば、この映画の価値を首肯できるのではないかと思われます。
関係ないですが、劇中、ギリシャ軍の兵士が、アマゾネスの種付けの儀式のオーディションを受けるシーンがあり、アマゾネスの審査が、チビ不合格ハゲ不合格ブサイク不合格といった、なんともシビアなものになっていたのは笑えました。古代のアマゾネスも現代の女性と同じくイケメンがいいようですね。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年02月10日 (火) | Edit |
2006年アメリカ作品。
香港映画「インファナル・アフェア」マーティン・スコセッシ監督がリメイクしたクライム・サスペンス。

マサチューセッツ州ボストン。
ある2人の将来有望な若者が警察学校を卒業。
1人の名はコリンアイリッシュマフィアのボスコステロに、幼少の頃から目をかけられ、薫陶を受けて育ち、援助を受け、警察に潜入したマフィア側のスパイです。優秀なコリンは、出世をし、特別捜査官になり、コステロ側に数々の情報を流します。
もう1人の名はビリー。育ちが悪く家族も少ない事から、警察の潜入捜査課に抜擢され、コステロの組織に犯罪者のふりをして潜入し捜査する、覆面捜査官に。
警察の覆面捜査官ビリーとマフィアの手先の捜査官コリンは、内部の疑いを巧みにかわし、情報を流し続けるのですが、次第に警察もマフィアも内部にスパイがいることに気付き始めます・・・

予告編動画リンク

製作総指揮、ロイ・リー、ダグ・デイヴィソン、G・マック・ブラウン、クリスティン・ハーン
製作、ブラッド・ピット、ブラッド・グレイ、ジャンニ・ヌナリ、グレアム・キング
監督、マーティン・スコセッシ
脚本、ウィリアム・モナハン
撮影、ミカエル・バルハウス
音楽、ハワード・ショア
出演、レオナルド・ディカプリオマット・デイモンジャック・ニコルソンマーク・ウォールバーグマーティン・シーン、レイ・ウィンストン、ヴェラ・ファーミガ、アレック・ボールドウィン

言わずと知れた巨匠マーティン・スコセッシの他の作品に、「ミーン・ストリート」「タクシー・ドライバー」「レイジング・ブル」などがあります。映画の演出テクニックと音楽の使い方が抜群にうまい監督です。
レオナルド・ディカプリオマット・デイモンの2大人気スターに、ジャック・ニコルソンマーティン・シーンといったベテランの名優、マーク・ウォールバーグアレック・ボールドウィンなど、脇を固める役者も豪華な、オールスターキャストの映画です。

アカデミー賞で、作品賞・監督賞・脚色賞・編集賞と、4部門受賞したのですが、アカデミー賞的な映画としては観ない方がいいでしょう。香港映画「インファナル・アフェア」を、ハリウッド的に改変した娯楽作だと思って観た方がいいと思います。そうすれば、ご都合主義的なストーリー展開にも目をつぶれますし、ただ単純に、現実的ではないけれど面白いサスペンス映画として楽しむ事が出来ると思います。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
2009年02月03日 (火) | Edit |
1965年イギリス作品。
ジョセフ・コンラッド原作「ロード・ジム」を映画化したオリエンタルな雰囲気あふれる冒険ドラマ。

イギリスの一等航海士のジム。イギリスの大きな商船に乗って仕事をしていましたが、ひょんな事から足を怪我してしまい、船を降り、東南アジアの港でリハビリ生活をする事に
足も良くなり、パトナ号という錆びれた蒸気運搬船で、航海士としての仕事にありつきますが、多勢のイスラム教徒を詰め込むように運んでいる事と無理な速度で航海したことによって、船倉にひびが入り難破してしまいます
沈んでいく船を間近に感じ、言い知れぬ恐怖に囚われてしまったジムは、多勢のイスラム教徒を見捨て、船長以下、船員だけで逃げようとする救命ボートに乗り込んでしまいます。
しかし、その後、パトナ号が他の船に偶然救助された事で、乗客を見捨て自分達だけで逃げ延びた事が、広く世間に知れるところとなり、ジム達は海事で裁かれる事に。良心にさいなまれたジムは、開かれた聴聞会で、乗客を見捨てた事を正直に告白。船長や他の乗組員と共に、航海士の身分を剥奪されます
それからのジムは、世間から勇気のない卑怯者というレッテルを貼られ、自らも誇りを失い、世間の目から逃れるように、色んな港を色んな仕事をしながら、落伍者のように渡り歩く日々
そんなある時、ジムが仕事をしていた小船が出火。ジムが1人で逃げずに消火した事を、スタインという大金持ちに認められ、ジャングルの奥地にある未開の村に、最新式の武器と弾薬を、極秘に運ぶ仕事を任されます。村は、将軍とあだ名される男(冷酷非情だが人間観察に優れる)が率いる武装組織に支配されており、村民は奴隷にされ圧政に苦しんでいました。最新式の武器や弾薬は、苦しむ村人達の反乱の為に必要だったのです。
ジムは、亡霊のように付きまとう過去を振り払うように、勇敢に行動し、命を賭け、村を救おうとするのですが・・・

参考動画リンク

製作、監督、脚本、リチャード・ブルックス
原作、ジョセフ・コンラッド
撮影、フレディ・ヤング
音楽、ブロニスラウ・ケイパー
出演、ピーター・オトゥールジェームズ・メイソンクルト・ユルゲンスイーライ・ウォーラックジャック・ホーキンス伊丹十三、ダリア・ラヴィ

リチャード・ブルックスの他の監督作に、「冷血」「プロッフェショナル」「ミスター・グッドバーを探して」などがあり、同時に脚本もこなす事も多い監督です。
フレディ・ヤングが撮影を担当した他の作品に、「ドクトル・ジバゴ」「アラビアのロレンス」「ライアンの娘」などがあります。
ピーター・オトゥールはイギリスの名優で、「アラビアのロレンス」「冬のライオン」などの主演作があります。
「タンポポ」「マルサの女」などの監督でお馴染みの伊丹十三が、村長の息子役で出演しています。

この作品は、割と黙殺されているようですが、個人的には評価していいと思います
人間というもの、特に恐怖と直面した時に、どうすることが出来るのか。そして逃げてしまったとしても、それを直視して生きる事が出来るのか。過去を贖罪しようとする、その行動は、ひょっとしたら自分勝手なものではないのか。正義と思っているものは、勝手な思い込みではないのか。自分は何に命を賭ける事が出来る人間なのか、それは名誉なのか愛なのか権力なのか金なのか。そもそも命を賭ける事が出来るのか。
この映画を観て、たくさんの事を考えさせられました
人間の心の奥深く・・・そこが一番の未開の地なのかもしれません


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画