FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月02日 (土) | Edit |
1996年アメリカ作品。
マフィアの世界に生きる3兄弟の人間ドラマ。

1939年ニューヨーク。
イタリア系マフィアの3兄弟、長兄のレイ、次男のチェズ、三男のジョニー。3人は強い絆で結ばれています。しかし、ある日のこと、ジョニーが銃撃され、死体になって帰ってきます。
長兄レイは、幼い頃から弟達を支え、組織のボスになっていました。次男のチェズは、短気で精神的な病を抱えながら、兄を補佐しています。三男のジョニーは、他組織を襲撃するなど、破滅的に生きていましたが、実はインテリで、コミュニスト的な考えを持っている伊達男でした。
ジョニーは一体誰に殺されたのか。葬儀を開いたレイは、嘆き悲しみながらも、ジョニーを殺した人間に、復讐を決意します……

製作、メアリー・ケイン
監督、アベル・フェラーラ
脚本、ニコラス・セント・ジョン
撮影、ケン・ケルシュ
音楽、ジョー・テリア
出演、クリストファー・ウォーケンクリス・ペンヴィンセント・ギャロベニチオ・デル・トロイザベラ・ロッセリーニアナベラ・シオラ

アベル・フェラーラはNYの映画作家で、他の作品に、「ドリラー・キラー」「キング・オブ・ニューヨーク」「バッド・ルーテナント/刑事とドラッグとキリスト」などがあります。
クリストファー・ウォーケンは、「ディア・ハンター」「デッド・ゾーン」「ゴッド・アーミー/悪の天使」など、多数の映画に出演している名優です。
クリス・ペンは、ショーン・ペンの弟で、40歳で早世してしまいましたが、個性派俳優として隠れたファンの多い役者でした。
ヴィンセント・ギャロは、奇行で知られているアーティスト肌の役者で、「バッファロー”66」「ブラウン・バニー」で、監督、主演しています。
ベニチオ・デル・トロは、「チェ 28歳の革命」「チェ 39歳別れの手紙」でチェ・ゲバラを演じています。
イザベラ・ロッセリーニは、イングリッド・バーグマンとイタリアの巨匠ロベルト・ロッセリーニ監督の間の子供で、「ブルー・ベルベット」「フィアレス」などに出演しています。

この映画は、個性派俳優が多く出ているので、映画の好きな人は、大いに楽しめるかと思います。
30年代のアメリカの姿が濃厚なノワール的雰囲気で描かれ、カトリックの信仰と人間の罪について問いかける哲学(神学)的な作品です。かといって真面目でつまらない事はなく、面白さを兼ね備えており、衝撃のラストまで、惹きつけられる様に観てしまう、魅力的なマフィア映画です
ところで劇中、監禁場所で、さりげなく斧を持って出てくるウォーケンは、とても恐かったです


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
マフィア&兄弟物は私のツボです^_^;
死ネタは悲しいですが
モクメさんの紹介文だけでお腹いっぱいになりそうです(^_^;)
2009/05/04(Mon) 20:13 | URL  | sakura #fvuyely.[ 編集]
sakuraさん
マフィア物は独特の魅力がありますよね
実際は血なまぐさいのでしょうけど・・・
2009/05/06(Wed) 00:50 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。