FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月20日 (水) | Edit |
1948年アメリカ作品モノクロ。
牧童達の困難なキャトル・ドライブを描いた西部劇の名作。

1851年
腕利きガンマンで有能なカウボーイのダンソン相棒の老人グルートは、牧場にするための新たな土地を求め、テキサスへ。その道行きの途中、インディアンに襲撃され焼け出された少年マシューを発見し保護。少年を加えた3人で新天地への旅を続けます。そして、ダンソン達は、リオ・グランデにおあつらえ向きの土地を見つけ、小さな牧場を作ります
それから14年後。
南北戦争の敗戦で疲弊したテキサスは、牛の価格が暴落。せっかくダンソン達が心血を注いで、テキサス有数の大きさにした牧場も破産寸前に。そこでダンソンは、一万頭の牛を、1600キロ離れたミズーリまで運ぶ事を決意。立派な頼れる若者に成長したマシューと雇っているカウボーイ達と共に命がけのキャトルドライブ(牛追いの旅)へ
旅は過酷を極め豪雨食糧不足スタンピード(牛の暴走)などで、ダンソン一行の疲労と苛立ちはピークに。ダンソンは執念で旅を強行しようとしますが、頑な厳格なダンソンの、あまりの専制ぶりに、従順だったマシューやカウボーイ達も不満を募らせていき……

予告編動画リンク

製作総指揮、チャールズ・K・フェルドマン
製作、監督、ハワード・ホークス
脚本、ボーデン・チェイス、チャールズ・シュニー
撮影、ラッセル・ハーラン
音楽、ディミトリ・ティオムキン
出演、ジョン・ウェインウォルター・ブレナンモンゴメリー・クリフト、ジョアン・ドルー、ハリー・ケリー、コリーン・グレイ、ジョン・アイアランド

西部劇やコメディ、フィルム・ノワールなど、多岐にわたるジャンルで傑作を残しているハワード・ホークス監督の他の作品に、「暗黒街の顔役」「赤ちゃん教育」「ヒズ・ガール・フライデー」「脱出」「三つ数えろ」「紳士は金髪がお好き」「リオ・ブラボー」などがあります。
西部劇の大スター、ジョン・ウェインの他の出演作に、「駅馬車」「スポイラース」「三人の名付け親」「黄色いリボン」「リオ・グランデの砦」「捜索者」「リオ・ブラボー」「騎兵隊」「勇気ある追跡」などがあります。
名脇役、ウォルター・ブレナンの他の出演作に、「西部の男」「荒野の決闘」「リオ・ブラボー」などがあります。
モンゴメリー・クリフトの他の出演作に、「女相続人」「陽のあたる場所」「私は告白する」「終着駅」「地上(ここ)より永遠に」などがあります。2枚目でありながら演技力も兼ね備えている役者です。

僕は当初、ジョン・ウェインをあまり好きではなかったのですが、その出演作を観るようになって考えが変わっていきました。やはり彼には威厳があるし、アメリカンスピリッツを体現するには、うってつけの役者だと思います。強く無骨で信念を貫く誇り高い姿は、時代遅れかもしれませんが、男のあるべき姿を表してるのではないでしょうか。
この作品は、西部劇の神様ジョン・フォード監督を意識して作られており、ハワード・ホークスの気概が見えるような本格的な西部劇になっています。師弟親子支配と被支配男女厳格と寛容など、様々な関係を描き、人間性について考えさせられる深みのある作品です。
補足説明ですが、なぜキャトルドライブをするのかというと、当時は鉄道がテキサスまで開通しておらず、鉄道が開通している中西部まで、牛を運ばなければいけなかったからです。そして運ばれた牛は、食肉として、食糧不足だったアメリカ東部に流通していったのです。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009/05/21(Thu) 21:20 |   |  #[ 編集]
こんにちはv
>師弟、親子、支配と被支配、男女、厳格と寛容など、様々な関係
男女以外のこの辺の関係の話が大好きです(^_^;)
2009/05/21(Thu) 21:23 | URL  | sakura #fvuyely.[ 編集]
sakuraさん
僕も大好きですw
2009/05/22(Fri) 18:33 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。