FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月22日 (金) | Edit |
1962年イタリア作品。
世界各国の男と女にまつわる奇習、風習、習慣、風俗などをカメラに収めたドキュメンタリー(やらせあり)映画

ニューギニアの女だけの兵士84人の島(全員スコットランド人の爺さんの妻)。オーストラリアの男だけの囚人の島(ジュゴンのメスを引き上げ性的道具に‥)。パリのレズやホモの集まるバー。パプア・ニューギニアの男女逆転した部族。日焼けを嫌い傘を差し服を着て海水浴する中国人の女。ドイツの飾り窓の女(ババアばかり)。香港の少女売春。裸の海女を奴隷のように働かせる日本人。顔の皮を剥ぎ肌を綺麗にする美容整形などなど‥
時にシリアスに、またはユーモラスに、ナレーションを交え紹介していきます……

監督、グアルティエロ・ヤコペッティ、パオロ・カバラ、フランコ・イー・プロスペリ
撮影、アントニオ・クリマーティ、ベニート・フラッタリ
音楽、ニーノ・オリヴィエロ、リズ・オルトラーニ

モンド映画の生みの親グアルティエロ・ヤコペッティ監督の他のドキュメンタリー映画に、「世界残酷物語」「続・世界残酷物語」「さらばアフリカ」などがあります。
リズ・オルトラーニは、「世界残酷物語」の主題曲「モア」で有名になり、「怒りの荒野」「バラキ」「食人族」など、A級B級を問わず、多数の音楽を手がけています。

この映画は、世界各国の風習や習慣などを、限りなく嘘くさく記録したドキュメンタリーで、その、もの珍しさと残酷さとエロさで、世間の耳目を集める事(お金儲け)が主目的の、モンド映画と呼ばれるジャンルのものです。
はっきり言って、嘘とデタラメばかりの、露悪趣味的覗き見趣味的映画なので、その偏見に満ちた駄ボラを、後ろめたく思いながら笑って観るというのが、正解だと思います。
さて、気になる日本の描かれ方ですが、性教育が盛んで西洋かぶれでスケベでダイエットが流行していて海女の採ってきた海藻や貝を日本の男が鼻糞をほじりながら何もしないで儲けだけを頂いているという、当たっているんだか外れているんだか、なんだかよくわからない微妙な感じになっています。正直言うと、ヒドイ描かれ方だなと思う一方、少し当たっているんじゃないかとも思いました。
やらせドキュメンタリーと言えど侮るべからずな困った作品です。興味のある方は是非。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
やらせドキュメンタリーって凄いですね(^^ゞ
でも信じる人もいるのでしょうか?
2009/05/23(Sat) 16:30 | URL  | sakura #fvuyely.[ 編集]
sakuraさん
当時は信じる人が多勢いたんですよ
なにしろ虚実織り交ぜてるので
判別がつき辛いという・・
2009/05/26(Tue) 20:24 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
世界女族物語に思う。
こんにちは。
よく、残酷な映画を見て良心の呵責を持ったり、批判してたりする人がいるけど、映画ってもともと興業でしょ? 見世物の一種でしょ? 残酷も露悪も文化だから。汚さが嫌なら家から出なきゃいいんですよ。
2009/06/01(Mon) 19:06 | URL  | いちご牛乳 #-[ 編集]
いちご牛乳さん
コメントありがとうございます!

映画は興行で見世物ですね。もちろん一部のアートフィルムを除きますが。
個人的には、批判があるから、面白く見ているところもあります。タブーとされればされるほど、面白く観てしまうというw
まぁ観るも観ないも自由な世の中が一番良いですね!
2009/06/01(Mon) 20:01 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。