FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年05月28日 (木) | Edit |
1981年アメリカ作品。
卒業を控えた高校陸上部員達が次々と惨殺されていくスラッシャー・ホラー。

陸上のトラックレース中の事故で、高校陸上部員のローラ急死してしまいます。
それから月日が経ち‥
卒業式を次の日に控えたローラの高校の陸上部員達。周りの祝賀ムードと浮き立つ雰囲気も束の間、部員達が次々と襲われ、人知れず殺されていきます
同時期、ローラの姉アンナは、ローラの彼氏で同じ陸上部員だったケヴィンから手紙を貰い、故郷に帰って来ます。ケヴィンの手紙には、ローラが死んだのには、鬼コーチのマイケルズの行き過ぎた厳しい指導があるとの事でした。
アンナは、事の真偽を確かめる為、高校を調べ始めますが……

参考動画リンク

製作、原案、デヴィッド・ボーン
製作、監督、脚本、ハーブ・フリード
脚本、アン・マリッセ
撮影、ダニエル・ヤルシ
音楽、アーサー・ケンペル
出演、クリストファー・ジョージ、パッチ・マッケンジー、E・ダニー・マーフィー、マイケル・パタキ、E・J・ピーカー、ヴァンナ・ホワイト

クリストファー・ジョージは、「グリズリー」「アニマル大戦争」「地獄の門」「ブラッド・ピーセス」など、特定のファン層にはこたえられない映画に出演しています。ある意味、凄く作品に恵まれた役者と言えるのではないでしょうか。

この作品は、スラッシャー・ホラーとしては、どこかで見たようなシーンの寄せ集めのような感じで、そんなに目新しさも革新性もありません。だけれど、いくつか印象的で面白いシーンがあり、それが奇妙な味となって、このまま捨てておくには惜しいような気持ちにさせてくれます。例えば、高校生の陸上部員達を殺していく犯人の外見と凶器が、フェンシングのユニフォームと剣という、いかにも暑くて目立ちそうな出で立ちだったり、殺害方法も、アメフトのボールと剣を合体させ、相手の腹めがけて投げつけるとか、棒高跳びのマットに鉄の鋭利なトゲをコッソリ含ませておき、バーを跳んで落ちてきた選手を串刺死(くしざし)させるとか、どこか風変わりです。犯人の、その殺害手段の選ばなさと粗暴さには、笑っていいのか戦慄していいのか分かりませんが、その宙ぶらりん感が、僕の心のどこかの琴線に触れる事は確かです(大げさ?)
ところで全く個人的で映画には関係の無いことですが、この映画を観ていて、密かにレオタード萌えが自分の心の中(闇)にあることを発見してしまいました(どうでもいいでしょうけど)
スラッシャー・ホラーの80年代的な潮流が感じられる作品です。ホラー好きの方は是非。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
>レオタード萌えが自分の心の中(闇)にあることを発見してしまいました。

普通レオタードは萌え要素の一つだと思いますよ(^^ゞ
私などは
>鬼コーチのマイケルズの行き過ぎた厳しい指導があるとの事でした。
この文章にも萌えてしまいました(ヘンタイ・汗)
2009/05/30(Sat) 14:04 | URL  | sakura #fvuyely.[ 編集]
sakuraさん
世の中の女性の全てが
きわどいレオタードで過ごす世の中になる事を祈りますw
2009/06/01(Mon) 19:53 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。