FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月05日 (水) | Edit |
1971年イギリス作品。
ジキル博士とハイド氏をアレンジしたハマー・プロ製作のホラー。

19世紀、霧深きロンドンのホワイトチャペル地区
抗ウィルス薬の研究をしているジキル博士。訪ねてきた親友のロバートソン教授の言葉にヒントを得て、不老不死の薬を作る事を思いつきます。
早速、ハイド博士は、昼夜を問わず研究に没頭し、女性ホルモンをもとに寿命を延ばす薬の製造を編み出します。自らを実験体として、試薬を飲んでみると、なんとジキル博士の姿が美しい女性の姿に
さらなる薬の完成のためには、大量の女性ホルモンが必要となる為、モルグに偶然運ばれてくる死体を待っていては、到底間に合いません。そこで、闇の業者非合法な死体の調達を頼みますが、その業者も捕まってしまい、ジキル博士は、八方ふさがりの状態になってしまいます。
そして、人類の夢の不老不死の実現の為、ジキル博士は、ここにきて重大な決断を下します。
その夜から、ホワイトチャペル地区では、鋭利な刃物で内臓を切り取られた女の死体が連続で発見されるようになり……

予告編動画リンク

製作、アルバート・フェンネル、
製作、脚本、ブライアン・クレメンス
監督、ロイ・ウォード・ベイカー
原作、ロバート・ルイス・スティーヴンソン
撮影、ノーマン・ワーウィック
音楽、デヴィッド・ホイッテカー
出演、ラルフ・ベイツ、マルティーヌ・ベズウィック、ジェラルド・シム、ルイス・フィアンダー、スーザン・ブロドリック、ドロシー・アリソン、イヴォー・ディーン、フィリップ・マドック

ロイ・ウォード・ベイカー監督の主な他の作品に、「脱走四万キロ」「ヴァンパイア・ラヴァーズ」「アサイラム・狂人病棟」「ドラゴンvs7人の吸血鬼」などがあります。個人的には、「アサイラム・狂人病棟」と「ドラゴンvs7人の吸血鬼」のDVD化を切に願います。

邦題に似合わず、面白い良質のホラーで、切り裂きジャック事件小説のジキル博士とハイド氏を合体させアレンジし、なおかつ別人格のハイド氏をエロティックな女性にするなど、大変凝ったストーリーとなっています。鏡を使った変身シーンもよく出来ていて、霧に煙るロンドンの街角の雰囲気もよく、ショック描写も手堅くまとめられて、作品としては、上々の仕上がりだと思います。
あまり知られていない映画ですが、観る価値は充分にありますよ。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
不老不死の薬のお話も多いですよね・・・
やはり人類の夢なのでしょうか?
こういうお話は、想像力を掻き立てるので
なるほど・・・こういう原理なんだ・・
と思わせてもらえると、楽しいですv
2009/08/06(Thu) 15:07 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
なんかこういう映画ばかりを見ています。なので、何がどれで何がこれか、分からなくなっています。
頭ゴチャゴチャです。
2009/08/09(Sun) 07:03 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
http://www.tobunken.com/news/news20101219112012.html イベント 2010年12月19日投稿 なんでも撮った男 【訃報 ロイ・ウォード・ベイカー】 〈略〉 最初の映画現場での仕事がいかにもイギリス映画界ら...
2010/12/26(Sun) 23:13:02 |  トンデモない一行知識の世界 2 - 唐沢俊一のガセビアについて -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。