FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年08月27日 (木) | Edit |
1985年製作アメリカ映画。
街に巣食うチンピラ共をぶっ倒すデス・ウィッシュのシリーズ第3弾。

戦友で親友のチャーリーから、至急NYに来てくれという手紙を貰い、久しぶりにNYに帰ってきたポール・カージー(伝説的な処刑人)ベルモント地区にある、チャーリーが住む荒れ果てたアパートを訪ねますが、カージーが到着した時には、チャーリーは何者かに襲われ、虫の息でした。そして、カージーに、「このアパートを頼む」と言って、息を引き取ります。ベルモント地区は治安激悪で、残虐で極悪非道な男フレーカーが仕切るチンピラ集団が支配していました。フレーカー率いるチンピラ集団は、恐喝レイプ強盗窃盗薬物殺人、と悪事と呼べるものは全てやっており、街の住人達に、暴虐の限りをつくしていました
荒れ果てたアパートの住人でチャーリーの親友ベネットから、チャーリーを殺した犯人は、フレーカー率いるチンピラ集団だと教えてもらうと、カージーは、チャーリーの復讐と住人の為、街のダニ掃除を決意します
一方取り締まる警察の担当シュライカー警視も、治安悪化と犯罪の多さに頭を抱えていました。そこにタイミングよく登場したカージーに目をつけたシュライカー警視は、カージーに取引を持ちかけます。それは、チンピラ達を独自に制裁する事を黙認するかわりに、自分に犯罪の情報と連絡をよこせというものでした。親友を殺されたカージーは、もちろん街のチンピラ達の掃除をするつもりだったので、取引に応じます(表面的に)
そして、ベネットや住人の協力の下、容赦ないカージーの、チンピラに対する苛烈な制裁が始まります……

予告編動画リンク

製作、メナハム・ゴーラン、ヨーラム・グローバス
監督、マイケル・ウィナー
脚本、マイケル・エドモンズ
撮影、ジョン・スタニアー
音楽、ジミー・ペイジ
出演、チャールズ・ブロンソン、デボラ・ラフィン、マーティン・バルサムエド・ローター、ギャバン・オハーリヒー、カーク・テイラー

監督のマイケル・ウィナーは、チャールズ・ブロンソン主演の映画をたくさん撮っている監督です。
音楽のジミー・ペイジは、レッド・ツェッペリンのギタリストで、ギターの名手として知られています。
チャールズ・ブロンソン主演の「デス・ウィッシュ」シリーズは、「狼よさらば」「ロサンゼルス」「スーパー・マグナム」「バトルガンM-16」「狼よさらば/地獄のリベンジャー」の全5作です。
名脇役マーティン・バルサムは、この作品と同じ年に作られた「デルタ・フォース」にも脇役として出演しています。
悪役やお堅い警官の役がよく似合う名脇役エド・ローターの他の出演作に、「ロンゲスト・ヤード」「軍用列車」などがあります。

やりすぎ感あふれるこの映画・・僕は大好きです
この映画に、理屈に合う合わないは全く関係ありません!完全法律無視勧善懲悪チャールズ・ブロンソン主演作。この他に何を望むというのですか。
何をやったっていいんですよ!街中で475ウィルディマグナムでチンピラを撃ち殺そうが、街中で300口径のマシンガンをチンピラ達に浴びせかけようが、街中で対戦車用のミサイルランチャーをぶっ放そうが!!
観客が観たいのは、チンピラたちが、容赦なく派手に成敗されるところなんです。
クライマックスは、チンピラ軍団との市街戦さながらの対決です。これも全くもって正しいです。派手なドンパチ以外余計な描写も無く、我々が観たいものを提供してくれているのですから。
内容は、たしかにバカバカしいですが、だから面白いのです。破天荒さもここまでくると立派なものでしょう。派手なB級アクション(テレ東でよく放送されるような)が好きな人間には、100点満点の映画ですよ。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
理屈に合う合わない関係なく
ここまでやる?
みたいなアクション物を見ると
純粋に凄い・・・・・・と何処か爽快感が沸く時ありますよね^^;
フィクションだからこそ味わえる楽しみだと思いますv
2009/08/29(Sat) 09:16 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
そうですよね
実際やると
間違いなく捕まっちゃうんですけど(笑)
ストレス解消にいいですよね
2009/08/29(Sat) 20:06 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。