FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月03日 (火) | Edit |
2003年製作アメリカ作品。
少女の霊を見た精神科医が悪夢と現実の境目を彷徨うサイコ・ホラー。

女性刑務所の精神病棟に勤務する女精神科医ミランダ。仕事も順調で、上司で夫のダグとも、うまくいっています。
豪雨の降りしきる、ある日、いつものように職場から、車で家に帰るミランダでしたが、途中、雨による道路の陥没で、迂回を余儀なくされます。視界の悪い中、迂回路の白い橋を渡りきった、ちょうどその時、車の目の前に不気味な少女が出現。衝突しそうになったミランダは車を止め、傷だらけのその少女を抱きしめ・・
3日後・・ミランダが目を覚ました時、そこは女性刑務所の精神病棟内の独房でした。ミランダは、夫のダグ殺しの容疑者として収容されていました
しかし、ミランダには、ダグを殺したのかも、自分の身に何が起こったのかも、何もかも全く分かりません。少女を抱きしめて以降の記憶が全くないのです
そして、混乱するミランダに追い討ちをかけるように、身の回りで、現実とも幻覚ともつかぬ出来事が起こるようになります……

予告編動画リンク

製作、ジョエル・シルバーロバート・ゼメキス、スーザン・レビン
監督、マチュー・カソヴィッツ
脚本、セバスチャン・グティエレス
撮影、マシュー・リバティーク
音楽、ジョン・オットマン
出演、ハル・ベリーロバート・ダウニー・Jr、チャールズ・S・ダットン、ジョン・キャロル・リンチ、バーナード・ヒル、ペネロペ・クルス

マチュー・カソヴィッツは、フランスの映画監督で、俳優もこなす多才な人物です。監督作では、「憎しみ」「クリムゾン・リバー」などがあります。
ハル・ベリーは、2001年に「チョコレート」で白人以外で初のアカデミー主演女優賞を受賞しました。
ロバート・ダウニー・Jrは、薬物で逮捕されるなど、お騒がせな俳優として知られていますが、アメリカでは根強い人気があり、広く愛されています。
ペネロペ・クルスは、スペイン出身の美人女優で、ウディ・アレン監督の「それでも恋するバルセロナ」で、アカデミー助演女優賞を受賞しています。かわいくて綺麗なので、個人的に好きな女優です。

監督としても有名な、ジョエル・シルバーロバート・ゼメキスが設立した、ダーク・キャッスル・エンターテイメント製作の映画です。
自分の身に起きていることは、悪夢なのか?狂気なのか?“Not Alone”という謎のメッセージの意味は?など、ミステリー仕立てのサイコ・スリラーで、ラスト近くまで結末の予想がつきません。カメラワークも凝っていますし、CGも控えめで目立たないところも好感が持てます。
ただ、ゴシカという題名がついていますが、ゴシック的なムードがあまり感じられないのは、残念です。
あと、ハル・ベリー強すぎるのも、ホラー的なムードを考えると疑問なところではあります。ハル・ベリーって、やっぱりホラー向きの役者じゃないんですよね。幽霊の方が逃げ出しそうな感じですし・・
まぁでも退屈することなく面白く観る事が出来たので、娯楽作としては合格点をあげれると思います。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
インフルエンザではなかったのですが
風邪でダウンしていました><

夢のような現実が良い事ならいいけど
悪夢は怖いですね(^^ゞ
2009/11/09(Mon) 08:57 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
この季節は風邪引きやすいですもんね~

最近
ずっと悪夢ばかり見ています
何だか狂ってしまいそうです
2009/11/10(Tue) 19:27 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。