FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年11月27日 (金) | Edit |
1944年アメリカ映画モノクロ作品。
漂流する救命艇で敵国のドイツ兵を助けた事で起こる乗客達の混乱を描いた人間ドラマ。

第2次世界大戦時の大西洋。アメリカ行きの客船が、ドイツのUボートに撃沈されてしまいます。大破した船内から、運よく救命ボートに乗り込むことが出来たのは、8人だけでした。
女性ジャーナリストや看護婦や富豪や船の乗組員など、それぞれ人種や職業や性別が違う8人を乗せ、海を漂う救命ボート。そこに新たに、漂流してきた男は、なんと、敵国ドイツの兵士でした。
乗せるべきか、乗せないで放り出すべきか、乗客たちの意見は割れますが、話し合いの結果、その男を人道的見地から助ける事にするのですが……

参考動画リンク

製作、ケネス・マクゴーワン
監督、アルフレッド・ヒッチコック
原案、ジョン・スタインベック
脚本、ジョー・スワーリング
撮影、グレン・マックウィリアムズ
音楽、エミル・ニューマン
出演、タルラー・バンクヘッド、ウィリアム・ベンディックス、ウォルター・スレザック、メアリー・アンダーソン、ジョン・ボディアック、ヘンリー・ハル、ヒューム・クローニン

この作品と同時期のヒッチコック監督の代表的な作品に、「疑惑の影」「白い恐怖」「汚名」などがあります。
ジョン・スタインベックは、ノーベル文学賞を受賞したアメリカの小説家で、代表作に、『二十日鼠と人間』『怒りの葡萄』『エデンの東』などがあります。この作品の原案を、一人称の小説形式で書きましたが、映画化にあたっては大幅に改編されています。
ヒューム・クローニンは、ヒッチコック監督と友人関係で、「ロープ」の脚色なども手がけています。

戦時中に作られた事もあって、なかなか検閲が厳しかったようですが、製作者側の理解と信頼もあり(ダリル・F・ザナックが従軍して不在だったので)、比較的自由に撮影できたようです。もちろん、検閲側の意向も反映してます。なぜならば、そうしないと公開できないからです。しかし、そこのところは、うまく当局と取引や駆け引きをし、作品のクオリティを落とさずに、作品を仕上げたようです。
ヒッチコック監督実験的野心的な映画作りをしていたころの一本で、1948年の実験作「ロープ」につながっていく前段階的作品です。救命ボート上でストーリーの全てが展開され、劇中音楽が使われていないなど、限定された場所で、しかも音楽なしという、映画的にとても難しい事に挑戦しています。映像テクニックと編集を最重要視した、ヒッチコックらしい映画ともいえるかもしれません。
近年、ますます評価の高まっている作品で、もちろん傑作であることは間違いありません。
ちなみに、ヒッチコックのカメオ出演シーンは、新聞の裏面広告の痩せ薬の、使用前使用後の写真です。もちろん、ヒッチコック監督のジョークなので、実在の薬ではありませんが、それを本気にした観客の、痩せ薬への問い合わせが殺到したという逸話があります。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
戦時中に作られるというのは凄い勇気ですね。
それが当時の日本でも出来たかが考えさせられます。
2009/11/30(Mon) 09:55 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
戦時中
日本もアメリカも作られていましたよ
もちろんプロパガンダ映画ですけど

今もテレビをみるとプロパガンダばかりですよ
2009/12/03(Thu) 03:16 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。