FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009年12月04日 (金) | Edit |
1957年アメリカ映画モノクロ。
連続強盗に間違えられ逮捕された男の実話をもとにしたサスペンスドラマ。

NYの高級クラブで、生バンドのベーシストの仕事をして生活している、真面目な男クリストファー・エマニュエル・バレステレロ。クリストファーは、お酒も飲まず毎日必ず定刻に帰ってくるような家族思いの家庭人です。美しい妻ローズ2人の可愛い男の子にも恵まれ、貧しいながらも幸せな日々を送っていました。
ある日、妻のローズが、親知らずが生えてきて苦しんでいたので、クリストファーは、ローズの歯の治療費の捻出の為、保険証書を担保にお金を借りに、保険会社の窓口に行きます。しかし、それが、クリストファーと家族の運命を大きく狂わせることになります
窓口に向かったクリストファーを見て、窓口の係員やその同僚達は驚愕します。以前、押し入ってきた強盗に顔が瓜二つなのです。そして、クリストファーに気付かれないよう警察に通報。結果、クリストファーは警察に逮捕されてしまいます
取調べで、クリストファーは無実を訴えますが、筆跡鑑定で犯人と同じスペルミスをしてしまった事で、状況は不利に傾きます。目撃者の証言でも、クリストファーが犯人だという証言者ばかりで、拘置所のクリストファーは、絶望感にさいなまれます
それでもクリストファーは無実を証明する為、身内に保釈金7500ドルを借金し、良心的な弁護士オコーナーに弁護を依頼します。そして、妻のローズと共に、アリバイを証明してもらえる証言者を見つけますが、訪ねてみると、証言者は、いずれも亡くなっていました
耐えに耐えてきましたが、ここにきて、心労と疲労でローズの精神は限界に達し、とうとうノイローゼになってしまいます。
神に見放されたかのように、次々と不幸が重なるクリストファーと家族は、一体どうなってしまうのでしょうか……

予告編動画リンク

製作、ハーバート・コールマン
監督、アルフレッド・ヒッチコック
原作、脚本、マックスウェル・アンダーソン
脚本、アンガス・マクファイル
撮影、ロバート・バークス
音楽、バーナード・ハーマン
出演、ヘンリー・フォンダヴェラ・マイルズアンソニー・クエイル、ハロルド・J・ストーン、チャールズ・クーパー、ジョン・ヘルダブランド、エッシャー・ミンシオッティ

この作品以降のヒッチコック監督は、円熟期と言っていい時期に入ります。1956年「知りすぎていた男」から1963年「鳥」までの、フィルモグラフィの凄さは、誰しもが認めるところでしょう。
ロバート・バークスは、ヒッチコック監督作でも傑作と名高い作品の多くの撮影を担当しており、「泥棒成金」では、アカデミー撮影賞を獲得しています。
バーナード・ハーマンは、「サイコ」の音楽が有名ですが、他にも、「市民ケーン」「めまい」「北北西に進路をとれ」「愛のメモリー」「タクシー・ドライバー」など、幾多の傑作映画音楽を残しています。
名優ヘンリー・フォンダの他の代表的な出演作に、「モホークの太鼓」「怒りの葡萄」「荒野の決闘」「十二人の怒れる男」「ウエスタン」などがあります。
ヴェラ・マイルズは、この作品の撮影中、ジョン・フォード「捜索者」と掛け持ちで撮影していた為、イギリス、アメリカの両巨匠から、それぞれ、フォードには「芝居がイギリス臭いぞ」とか、ヒッチには「頭に藁がついてるぞ」などと、からかわれたそうです。

シリアスリアリスティックな作りの映画で、NYロケといい、あからさまな宗教色といい、セミドキュメンタリータッチの手法といい、ヒッチコック作品の中でも、とりわけ異色です。
重くて暗いストーリーで社会的な映画なので、ヒッチコックのカメオ出演シーンは劇中には無く、冒頭で音楽ステージから、これから観る映画の紹介をするという形式での出演に止まっています。
印象的なのは、ヘンリー・フォンダの演技で、都市に住む普通の男を演じきっています。目の演技が最高だと思います。
事実を元にしているので、地味(ヘンリー・フォンダが大活躍して自分で犯人を捕まえたりしない)ですが、リアルさに加え、抑制された演出、時折でてくるヒッチコックらしいテクニカルな映像など、全てが過剰ではなく、見事な調和を保ち、映画としては、破綻の無い硬質な傑作となっています。
ヒッチコック監督の、一つの区切りとなるような興味深い映画です。是非観ましょう。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
人生何が起きるかわからない。
良い事ならいいけど、地雷を踏んだら大変ですね
怖いな・・・・
2009/12/04(Fri) 21:28 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
この家族、どうなったんだろう。
「間違えられた男」観たくなりました。

ハッピーエンドがいいな。
2009/12/05(Sat) 16:21 | URL  | りんご #-[ 編集]
桜さん
そうなんですよね
一寸先は闇ですからね~
2009/12/05(Sat) 20:17 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
りんごさん
観る価値はありますよ~
都会生活の無関心
これは恐いですよね
2009/12/05(Sat) 20:19 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。