FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年03月28日 (日) | Edit |
1968年イタリア/フランス作品。
300万ドルの金塊を巡って争奪戦が繰り広げられるコメディタッチのマカロニウエスタン。

久しぶりに婚約者ドロレスのいるメキシコの町に帰ってきたクチーヨ。クチーヨはナイフ投げの名人で、気ままな自由人です。その為、超気の強い婚約者ドロレスからは、早く結婚して安定感のある生活を!と強く求められています。
クチーヨが、フラフラと町をうろついていると、あまりにも小汚く怪しい外見のため、保安官に有無を言わさず監獄にぶち込まれてしまいます
監獄には、ラミレスという男がおり、クチーヨに対し、脱獄の手伝いとテキサスまで逃走させてくれたら100ドルの謝礼を払うと持ちかけてきます。クチーヨは、文無しで自分も脱獄しようと思っていたため、取引に応じ、一緒に脱獄し町から逃走します。
しかしラミレスには、裏の顔がありました。ラミレスは、ファレス大統領の元側近で、革命の原資となる300万ドルの金塊の隠し場所を知る唯一の人物だったのです
テキサスへと向かうラミレスとクチーヨでしたが、途中の町で、金塊を狙う山賊のリーザ一味に襲撃され、ラミレスが殺されてしまいます。クチーヨは、瀕死のラミレスに渡された謎の新聞紙テキサスのバートン・シティへ走れという遺言を受け、メキシコからテキサスへと走り出します。
しかし、金塊を狙っているのは山賊だけではありませんでした政府側が雇ったフランス人の殺し屋コンビや、かつてメキシコ革命で戦ったアメリカ人凄腕ガンマンのキャシディメキシコ革命軍キリスト救世軍の美人軍曹ペニーなど、多くの勢力の思惑をはらみながら、敵味方入り乱れての、金塊争奪戦が繰り広げられます。そしてクチーヨの婚約者ドロレスもそこに参戦し……

予告編動画リンク

製作、アルド・ボミリア
監督、脚本、セルジオ・ソリーマ
脚本、ポンペオ・デ・アンジェリス
撮影、グリエルモ・マンコーリ
音楽、ブルーノ・ニコライ
出演、トーマス・ミリアンドナルド・オブライエン、チェロ・アロンゾ、ジョン・アイアランド、ネロ・パッツァフィーニ、リンダ・ヴェラス、ホセ・トーレス、ジャンニ・リッツォ

セルジオ・ソリーマは、元映画評論家で、アクション作品に定評のあるイタリアの映画監督です。
トーマス・ミリアンは、マカロニウエスタンのスターで、主な出演作に、「情無用のジャンゴ」「ガンクレイジー」「血斗のジャンゴ」「J&S/さすらいの逃亡者」などがあります。
ドナルド・オブライエンは、「猟奇変態地獄(アマゾンの腹裂き族)」「人間解剖島/ドクター・ブッチャー」などに出演していたのが、個人的には印象深いです。
ジョン・アイアランドは、ハリウッドの名脇役で、「荒野の決闘」「赤い河」「オール・ザ・キングスメン」などの出演作があります。

トーマス・ミリアンが自ら歌う主題歌がクールで、劇中音楽もとても出来がいいです。
出演する女優陣が(といっても2人ですが)、とても野生的な顔をしていて、ハッキリクッキリな派手顔も、たまにはいいもんだと思いました。
DVDの解説にも書かれていましたが、とにかく主人公の服装がボロボロです。冷静に見ると、薄汚れた手癖の悪いルンペンそのものです。ナイフ投げが得意なルンペンが主演のウエスタンというのは非常に珍しいので、その意味では画期的な作品かもしれません
関係ないですが、この作品には、よく主人公がパンを食べる(盗み食い)シーンがあり、裸の大将シリーズのおにぎりを思い出しました。やっぱりルンペンつながり?


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
誰が最後に金塊を掴む事が出来るのか
普通なら主人公だと思いますが
その過程がハラハラなのでしょうか?
2010/03/29(Mon) 09:09 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
そうですね~
ラストは欲にまみれていない爽やかな感じです

過程はごちゃごちゃなりすぎてる感じですw
2010/03/29(Mon) 13:27 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。