FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年06月30日 (水) | Edit |
1972年アメリカ作品。
忌まわしい過去と因縁が連続殺人を引き起こすスラッシャー・ホラー。

1950年クリスマス・イヴ。マサチューセッツ州アーリントン郡の豪邸。大金持ちのウィルフレッド・バトラーが焼死。検視官は黒焦げになったウィルフレッド・バトラーを事故による焼死と判定
遺言により、唯一の肉親である孫のジェフリー・バトラーが屋敷を条件付で相続。その条件とは屋敷をその当時のままで保存する事
それから、20年後。
屋敷は売りに出され、ジェフリーの代理人の弁護士カーター愛人連れで町にやってきます。そして、町の市長やお偉いさんに屋敷の売却を持ちかけます。同じ頃、精神病院から患者が脱走する事件が起こります。
弁護士カーターは、縁起の悪い屋敷を忌々しく思っている町の5人の有力者達に、現金の用意と考える為の1日の猶予を与え、自身はバトラーの屋敷に泊まることにします。ジェフリーから屋敷の鍵を預かっていたからです。
しかしその夜、弁護士カーターと愛人は、何者かに、全身を斧で切り刻まれ惨殺
それをきっかけに、屋敷に関係している人間や町の有力者達が正体不明の何者かに次々と殺害されていきます。なぜか?その背後には、恐ろしくも忌まわしい過去が隠されていたのです……

予告編動画リンク

製作、アミ・アーツィ
製作、脚本、ジェフリー・コンヴィッツ
監督、脚本、セオドア・ガーシュニー
脚本、アイラ・テラー
撮影、アダム・ギファード
音楽、ガーション・キングスレイ
出演、パトリック・オニール、ウォルター・アベル、ジョン・キャラディン、ジェームズ・パターソン、メアリー・ウォロノフ、フラン・スティーヴンス、アストリッド・ヒーリン

ジョン・キャラディンは、ホラーファンからすると、ユニバーサルホラーの一連の作品でお馴染みです。デヴィッド・キャラディンキース・キャラディンロバート・キャラディンの父親でもあります。

この映画は、不思議な魅力にあふれる拾い物のホラーです。ストーリーの辻褄や場面転換など、不自然な点は多々ありますが、それらのマイナス要素を吹き飛ばすだけの、狂気と恐怖にあふれています
序盤は、弁護士が主人公のように物語が進んでいきますが、何の前ぶれもなく、弁護士が愛人もろとも何者かに斧で惨殺されてしまうので、主人公が一時的に不在状態になるという理不尽で突飛なストーリーが展開されます。誰が主人公か殺人鬼か分からぬまま話は進んでいき、なんとなく主人公とヒロインが分かりますが、真夜中に黒のサングラスをかけてパトロールしている保安官(何も見えないだろ!)や、終始村の中をウロウロしている怪しすぎる主人公(屋敷のオーナー)や、ラストの忌まわしく狂った強引な展開(ネタバレになるので書けない)に、ひょっとして作り手が狂っているのでは?という疑念が心をよぎってしまいます。
とにかく狂った人間の狂った話という一言に尽きる映画です。僕はこの映画を大肯定します。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。