FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年10月23日 (土) | Edit |
1970年イギリス映画。
ハマー・プロ製作のドラキュラシリーズ第6作目。

灰塵となったドラキュラ伯爵。その死体に、吸血蝙蝠が生き血をポタリと落とすと、見る見るうちに失われた肉体が復活。再びこの世に蘇えったドラキュラ伯爵。
それから時がたち、街では学生でやんちゃなプレイボーイのポールが、市長の娘に手をだし、警察に追われる破目に。そして、ポールが逃げた先は、陰気な田舎の村でした。そこの村人は閉鎖的で、一様に皆暗い顔をし、余所者を頑なに拒んでいます。村人は誰一人として、ポールを泊めようとはせず、ただ立ち去れというのみです。
仕方なくポールは、村の先にある古びた城に逃げ込むのですが、そこはドラキュラ伯爵と使用人のクローブが棲む悪魔の城でした。何も知らないポールは、ドラキュラ伯爵に事情を話し、しばらくその城に滞在させてもらう事にします。
街では、なかなか帰ってこないポールを心配した兄のサイモンとサイモンの婚約者で美しい娘セーラが、ポールの後を追って、閉鎖的な村にたどり着きます。そこで、ポールの行方の聞き込みをしますが、村人は全く協力してくれません
そして、ポールと同じように城にたどり着いた2人ですが、ドラキュラの居城にはポールの姿はありませんでした……

予告編動画リンク

製作、アイダ・ヤング
監督、ロイ・ウォード・ベイカー
原作、ブラム・ストーカー
脚本、ジョン・エルダー
撮影、モーレイ・グラント
音楽、ジェームズ・バーナード
出演、クリストファー・リー、クリストファー・マシューズ、デニス・ウォーターマン、ジェニー・ハンレー、パトリック・トラウトン

ロイ・ウォード・ベイカーは、イギリスの映画監督で、ハマー・プロでは、「バンパイア・ラヴァーズ」「ドラゴンVS7人の吸血鬼」、アミカス・プロでは、「アサイラム/狂人病棟」などといった、ある意味ホラーファンからすれば、垂涎の作品を撮っています。
ジェームズ・バーナードは、ハマー・プロ製作の映画音楽のほとんどを手がけている、ハマープロお抱えの音楽家です。
クリストファー・リーは、説明するまでもなく、ハマー・プロ製作のドラキュラ伯爵で一世を風靡した俳優です。長身で堂々とした機敏でワイルドな体躯は、ユニバーサル映画のドラキュラ伯爵役のベラ・ルゴシと共に、ホラーファンに深く親しまれています。

この作品は、結構な量の残酷シーンがあるので、ハマー・プロ作品としては、やや異色といえるかもしれません。1970年代に入ってのドラキュラだけに、多少の時代的な要請があったのでしょう。ハマー・プロも末期の作品ですし、ドラキュラも飽きられてきた頃ですから。
現在見直すと、多少チャチなところ(ドリフのコントに出てくるようなコウモリなど)や低予算を感じさせるところもありますが、クリストファー・リーのドラキュラは、野性味たっぷりで迫力充分ですし、出演している女優も、適度な色気とスタイルがあり、吸血鬼ものとしてのツボを知り尽くした、ハマー・プロ製作映画ならではの面白さがあります。真っ赤な鮮血をはじめとする鮮やかな色彩退廃的なゴシックムード激しい残酷描写など、見どころの多い作品でもあるので、再見してみるのも、たまにはいいのではないでしょうか。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv
吸血鬼のお話は私も小説の方で興味を持ち
いろいろな吸血鬼を楽しんでいます^^;
こういう作品だとどうしても結末が気になりますねv
2010/10/29(Fri) 15:04 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
吸血鬼ものは一大ジャンルとして定着してますよね
ベーシックな吸血鬼ものもたまにはいいですよ~
2010/10/29(Fri) 22:21 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。