FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年02月22日 (火) | Edit |
1985年アメリカ映画。
豪華2大女優競艶の女囚映画。

ドイツがベルリンの壁で隔てられていた時代
アメリカから、恋人のマイケルに会いに、西ドイツにやってきたクリスティーン。クリスティーンは、ペンシルバニアの女子大生。恋人のマイケルアメリカの軍の少尉で、西ドイツに赴任中です。
久しぶりに会った2人、アツアツムードも束の間、結婚話になり2人は揉めてしまいます。元々気性の荒いクリスティーンは、恋人に対し語気を荒め、「軍隊の仕事と私とどっちが大切なのよ!」という答えようのない質問をぶつけ、むくれたまま2人のホテル部屋に帰っていきます。
クリスティーンは、せっかくのお互いの休日を喧嘩して過ごしてしまった苛立ちから、しばらく頭を冷やす為に夜中の散歩に出かけます
その時、クリスティーンは、謎の男たちに、車によってどこかに拉致されようとする女性(ヘッダ博士)を目撃します。現場に居合わせ、目撃してしまった事を、謎の男たちに気付かれたクリスティーンは、ヘッダ博士と同様にどこかへ拉致されてしまいます
車に乗り、連行され着いたのは、裁判所。そこで拷問まがいの自白をせまられ、耐え切れなかったクリスティーンは、やけくそになって自らCIAの工作員だと言ってしまいます。そうして、クリスティーンは、何もしていないのに、スパイの罪で懲役3年の判決を受けます。
一方、東独の科学者ヘッダ博士は、国家反逆罪で懲役50年を言い渡されます。
判決をへて、刑務所に収監される事になったクリスティーン。
しかし、その監獄は、恐怖と暴力とエロスが支配する地獄の女囚監獄だったのです……

参考動画リンク

製作、アーネスト・R・フォン ザウマー
監督、脚本、アーネスト・コレクター
脚本、ゲイリー・ドラッカー
撮影、ウォルフガング・ディクマン
音楽、タンジェリン・ドリーム
出演、リンダ・ブレアシルヴィア・クリステル、スー・キール、ウィリアム・オストランダー、ソニア・マーティン、アルバート・フォーテル、エリザベス・フォルクマン

音楽のタンジェリン・ドリームは、人の名前ではなく、ドイツのシンセサイザーバンドです。テクノに影響を与えたといわれています。
リンダ・ブレアは、「エクソシスト」の少女リーガン役が強烈な印象を残しています。しかしその後はこれといった活躍もなく、子役は大成しないというジンクスの一例となってしまいました。
シルヴィア・クリステルは、70年代にセンセーショナルな大ヒットをした、フランス映画「エマニエル夫人」のエマニエル夫人役の女優です。籐の椅子に腰掛けた彼女のポスターを、見たことがある人も多いのではないかと思います。

この映画の最大の見所は、リンダ・ブレアシルヴィア・クリステルという、70年代に一世を風靡した2大スターの、セクシー競艶にあると思います。2人のヌードが拝めるという事が、製作側の最大の売りとするところでしょう。
しかし、リンダ・ブレアの太くて逞しい(ふとましい)ヌードは、集団シャワーシーンの1度きりですし、シルヴィア・クリステルの濡れ場(レズシーン)期待するほどではありません
女囚モノとしては、そこそこの映画で、ツボは押さえていると思います(あくまでも女囚モノとして)。全体的に、80年代に独特の、心のこもってないチープ感が味わえるのは、B級作品ファンとしては嬉しいです。シンセの音楽も、80年代ぽいチープさで、映画にベストマッチしています。
リンダ・ブレア(当時26歳)のとても大学生には見えない貫禄(すでにオバサン化?)も必見の、映画話の種になる大人(になりきれていない大人)の為の映画です。今の時代では、エロとはいえないぐらいのエロさ加減ですが、そこが昔を思い出させてくれて逆によかったりします。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv

レズの映画もそのころから需要があったんですね(^_^;)
>80年代ぽいチープさで、映画にベストマッチしています。
これなんですけど
今思うと日本の80年代もアイドル全盛期で
ドラマや歌がちょっと・・・って感じがします。
でも、そこがまた懐かしかったり^_^;
2011/02/24(Thu) 06:35 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
そうなんですよね~
懐かしいから面白いんですよね
あの頃の軽薄な感じは最高です
2011/02/24(Thu) 22:26 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。