FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年05月28日 (土) | Edit |
1975年アメリカ作品。
権謀術数渦巻く1904年のモロッコのタンジールを舞台にした歴史大作。

1904年モロッコ。植民地主義の吹き荒れる時代。北アフリカの植民地化による安定化を目指している、英、仏、独、露の欧米列強
彼らはモロッコのスルタン(君主)に対し圧力をかけ、事実上の傀儡政権にしようとしていました。
そんな政治のパワーバランス的な駆け引きと各国の思惑が入り乱れる中、事件が起こります。
ベルベル人でリフ族の首長ライズリーが砂漠からタンジールの街に侵入。米国公使の未亡人ペデカリス夫人と2人の姉弟を誘拐したのです。
そして、金貨とライフル、国を牛耳る知事の首を、スルタンに要求します。
アメリカ政府は、モロッコのスルタンに対し、軍事的な圧力をかけますが、複雑な政治情勢のためうまくいきません。
アメリカ国民を守る為、アメリカのルーズベルト大統領は、軍事介入を決断。一方、ライズリーは、自国の誇り自分の誇りにかけて、仲間を率い、抵抗します……

予告編動画リンク

製作、ハーブ・ジャッフェ
監督、脚本、ジョン・ミリアス
撮影、ビリー・ウィリアムズ
音楽、ジェリー・ゴールドスミス
出演、ショーン・コネリーキャンディス・バーゲンブライアン・キースジェフリー・ルイス、ヴラデク・シェイバル、スティーブ・カナリー、ジョン・ヒューストン

ジョン・ミリアスは、脚本家から監督になった人物で、国粋主義者として知られています。
ビリー・ウィリアムズは、「ガンジー」で、アカデミー撮影賞を受賞しています。
ジェリー・ゴールドスミスは、アメリカ映画界の名作曲家で、「チャイナ・タウン」「オーメン」「エイリアン」「グレムリン」など、多種多彩な映画音楽を手がけています。職人的な姿勢が好感のもてる音楽家です。
ショーン・コネリーは、この映画と同年に作られたジョン・ヒューストン監督作の映画「王になろうとした男」にも主演しています。「王になろうとした男」は、ショーン・コネリーが未開人を率いて王になる話でした。
ジョン・ヒューストン監督は、この映画で、当時のアメリカの国務長官ジョン・ヘイを演じています。

敵であっても、誇りと勇気を持って勇敢に闘う事ができる人間は、尊敬に値するのだ、というメッセージにつきる映画です。
生き方や文化が違ったとしても、その人間に闘争心やガッツや信念があるならば、互いに尊敬できるし通じ合える。それは、たとえお互いに殺しあうことになろうとも、変わらない。
自由と誇り高き勇敢さ、これこそ風とライオンなのだ。そして、それは戦士の矜持でもある。
セオドア・ルーズベルトの名言に「勝利も敗北も知らずに灰色の薄暗がりで生きて、楽しむことも苦しむこともしない哀れな者と肩を並べるより、たとえ失敗しようとも思い切って偉大なことに挑んだり、栄光ある勝利を勝ち取ろうとする者の方が、ずっと素晴らしい。」というものがあります。
この作品は、そういうスピリッツを持った者達を描いています。
ちなみに豆知識として、セオドア・ルーズベルトは、テディという呼び名で親しまれており、熊狩りの時、瀕死の熊を撃たなかったエピソードにちなんで、テディ・ベアというぬいぐるみが作られました。10月27日は、セオドア・ルーズベルトの誕生日でもあり、テディ・ベアの誕生日でもあります。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
たとえ敵であっても・・・殺しあう事になっても・・・
ここが切ないけど、感動しますね・・・
2011/05/29(Sun) 11:33 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
そういう命がけの闘いを通して
芽生える絆のようなものがある・・

少年漫画もそういうものが多いですよね
っていうかパターンですね(笑)
2011/05/29(Sun) 20:57 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。