FC2ブログ
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011年08月21日 (日) | Edit |
1986年アメリカ映画。
宇宙の刑務所から脱走した宇宙人クリッターが地球の長閑な田舎町を恐怖に落としいれるモンスターSFコメディ。

銀河の果ての宇宙刑務所に収容されていた危険生物クリッターが、看守を皆殺しにして脱走。
そのまま宇宙船を強奪し、逃走します。
クリッターは何でも喰らう超危険生物。このまま逃しては、全惑星を喰らい尽くしかねません。
そこで宇宙警察(そんなものがあるのか?)は、2人の腕利きの賞金稼ぎを派遣します。2人の賞金稼ぎは、クリッター退治用の重火器を装備し、クリッターを追います。
クリッターが逃げ込んだのは、地球。それもアメリカの超ド田舎です。
クリッターの乗った宇宙船を目撃した、近くに住む4人家族のブラウン一家(父母と姉弟)。何事かと思い、一家のイタズラ小僧のブラッド(爆弾作りが得意)と父親のジェイが様子を見に行きます。しかし、すでにクリッターは上陸しており、辺りの牛を喰らい尽くしていました。
そしてクリッターのターゲットは、近くに住むブラウン一家へと……

予告編動画リンク

製作、ルパート・ハーベイ、ロバートシェイ
監督、脚本、スティーヴン・ヘレク
脚本、ドミニク・ミュアー
撮影、ティム・サーステッド
音楽、デヴィッド・ニューマン
出演、ディー・ウォレス・ストーンM・エメット・ウォルシュ、テレンス・マン、スコット・グライムズ、ビリー・グリーン・ブッシュ、ビリー・ゼイン、ドン・キース・オッパー

スティーヴン・ヘレク監督の他の監督作に、「ビルとテッドの大冒険」「陽の当たる教室」「101」などがあります。
映画「E.T.」に出演していた、ディー・ウォーレス・ストーンと、「ブレード・ランナー」に出演していた、M・エメット・ウォルシュが、この作品に出演しています。
ニューシネマの傑作「ファイブ・イージー・ピーセス」「グライド・イン・ブルー」で印象的な役を演じていたビリー・グリーン・ブッシュが父親役で出演しています。

「グレムリン」「ゴーストバスターズ」「スター・ウォーズ」「E.T.」など80年代にヒットしたSFやモンスター映画を意識して制作されたコメディです。あわよくば何匹目かの泥鰌を狙おうとしている映画なのですが、意外と味のある場面や面白い場面がたくさんある作品です。緑色の風船みたいな頭をした宇宙の賞金稼ぎが、地球人に変身するとき、特殊効果がレイダース的な顔の溶け方をしたり、なんでも食べるクリッターがE.T.人形を食べてしまったり、クリッター同士がグレムリンのように会話をしたりするなど、他の映画のコメディやオマージュが散りばめられていて楽しいです。
クリッターは、丸っこくて毛むくじゃらで、体は小さいけれど口は大きく鋭利な牙を持っている凶暴凶悪なモンスターで、なんだか憎めない可愛さがあります。移動するときは丸い毛玉になって転がるのもカワイイです。
B級映画ですが、特撮や派手な爆破シーンなどもありスカッとする快作です。


テーマ:DVDで見た映画
ジャンル:映画
コメント
この記事へのコメント
こんにちはv

楽しそうな映画ですね(^^♪
でも最後はどうなるのでしょう・・・
それが気になります。
2011/08/22(Mon) 10:28 | URL  | 桜 夢見 #fvuyely.[ 編集]
桜さん
はい
楽しい映画ですよ
子供から子供の心を持った大人まで楽しめますw
2011/08/23(Tue) 06:42 | URL  | モクメ #Q2AT2zQA[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。